電気もガスもお湯もいらない!非常食&ズボラレシピ

1

読了目安[ 3 分 ]

先日Twitter上で話題になっていたハッシュタグの一つに「#被災飯テロ」というものがあったのはご存知でしょうか。

熊本の地震被害による停電で、冷凍・冷蔵保存されていた食品を早急に処理しないといけなくなった被災地の方が、その状況を嘆くのではなく、「被災したけど豪華な食事でごめんね!」と「#被災飯テロ」を付けておいしそうなごはんの写真を次々とツイートしていました。
そのハッシュタグのポジティブさに、逆に勇気づけられた被災地以外の方も多かったのではないでしょうか。

今回は被災地の方のポジティブな飯テロの精神を見習って、非常食用レシピを考案しました。
停電で電気が使えない上に、ガスコンロもない、お湯もない、そんな危機的な状況でも「この備蓄食材があればなんとかなる!」というレシピです。
全て私自身が実験、実食済みとなっています。
災害時以外でも、ズボラをかましたいときなどに、ぜひ役立ててください。

●レトルトおかゆ+無印良品ごはんにかけるシリーズ

本来レトルト食品は封を切らずに熱湯で温めるか、お皿に移してレンジでチンするかだと思いますが、レトルトおかゆならば常温のままでも大丈夫です。
パッケージにも「温めずにそのままでもお召し上がりいただけます」と記載されているので、衛生的にも問題ありません。

ただし一つだけ注意したいのは「賞味期限」。
梅がゆ、玉子がゆなど、ほかの食品も使用しているものは、お米オンリーのノーマルなおかゆよりも賞味期限が早めになっている場合が多いので、食べる前に必ずチェックしましょう。

今回私が試したのは、味の素KKのプレーンなおかゆのパッケージの中に、無印良品の「ごはんにかける 冷やし胡麻味噌担々スープ」をそのままインしたもの。
おかゆの水気が多いので、ちょっと薄味になってしまいましたが、ヘルシーテイストでかなりいける味でした。
物足りない方は塩や味噌などを少々足すといいかもしれません。
坦々スープは辛味が強いので、胃が弱っているときは同シリーズの「柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」や「梅と白身魚の冷やしだし茶漬け」をおすすめします。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。