ペットと新生活!ワンちゃんのおもちゃ代を節約するDIY

1

読了目安[ 3 分 ]

ペットを飼うと、もろもろお金がかかります。食事代、医療費、洋服などなど…。

ですが、意外とコストとして認識されていないのがおもちゃ代です。ワンちゃんだったら、ボール、フリスビー、咥える棒など。猫ちゃんだったら、ジャンプして登れるようなキャットタワーなどはペットとの生活に必須。ある調査によれば、犬を飼う場合のコストの平均が月間約1万5,000円程度、中で、おもちゃを含むグッズ代は約1,000円前後とのこと。この1,000円、家にあるものをおもちゃとして作り変えることで節約しましょう。

家のものでペットのおもちゃを作る
今回は、ワンちゃん用の「噛んで引っ張る」おもちゃを自作する方法をお伝えします。

1. 『ローブおもちゃ』の作り方
ロープに関しては、ある程度頑丈なものを用意します。家に使わなくなったロープなどがあったら、それらを何本か束にして結んであげましょう。それだけで、ワンちゃんと引っ張り合いっこができるおもちゃの出来上がりです。ロープおもちゃのいいところは、犬の大きさや成長に合わせてロープの強度や太さ・細さを調節できることです。

2. 『靴下ボール』の作り方
穴が開いたり、もう使わなくなった靴下をリサイクルしておもちゃにすることもできます。何足かの靴下を用意して、一足の中にそれ以外の靴下を入れ、ぎゅうぎゅうにつめ、外側の靴下で結びます。布製品なので小型犬が噛む際も柔らかく安全です。

色・大きさを変えることで、あきっぽい性格のペットにも対応できる
Amazonでは、例えば犬用の咥える棒状のおもちゃが安くて600円程度、高いと1,600円ほどで売っています。ボールなども安いモノでも700円ほど。楽天市場でも、同程度の金額で売られています。性格によっては、ワンちゃんもすぐにおもちゃに飽きてしまいますので、家のもので作り、飽きが来たら時には色を変えたり、あえて大きさを変えたりしてみて変化をつけてあげると、ワンちゃんもまた新鮮に遊んでくれます。ぜひおもちゃの自作にチャレンジしてみてください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。