〜初任給をもらう前にすること〜【第36回】高橋先生の教えて経済ニュース

1

読了目安[ 2 分 ]

〜初任給をもらう前にすること〜

初任給を受け取る前に知っておくべきことがあります。
まずはお金の収支、入ってくるお金と出ていくお金をしっかり把握しましょう。
給料の額面金額ではなくて社会保険料や税金が差し引かれたあと、口座に入ってくる手取りの金額をまずはおさえましょう。

社会人になるとクレジットカードを持つ人も多くなると思います。
クレジットカードの利用については、リボ払いや分割払いもありますが、こういった支払方法には高い利息がかかってしまっていますので、一括払いのみ利用するようにしたほうがいいと思います。

ほかにも社会人になると保険の勧誘を受けるケースもあると思いますが、
新社会人になってすぐに保険に入る必要性は低いはずです。

もし病気になってしまったとしても会社の健康保険制度によって自分で支払わなければならない医療費の上限は
10万円前後という上限があります。健康保険組合によっては自己負担の上限を3万円程度にしていることもありますので、保険料に毎月何千円と払う必要はないです。

銀行の口座の選択ということも大事なポイントになります。
メインで使う口座と貯める口座2つくらい銀行口座があれば十分だと思います。
ATM手数料のかからない口座も今はありますので、メインで使う口座はそういった金融機関を選択したほうがいいでしょう。


動画はこちら

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。