被災地に義援金を送る余裕がない…ふるさと納税なら応援できる!

読了目安[ 2 分 ]

ふるさと納税で被災地を助ける方法

「被災地のために少しでも支援金や義援金を送りたいけれど、自分たちの家計を考えるとあまり多くのお金は工面できない……。」そう思って、心を痛めている人も少なくないと思います。

そんなときは、「ふるさと納税」を利用して、毎年払う税金で被災地を応援するという方法があります。

「ふるさと納税」は、自分の選んだ自治体に寄付をしたとき、寄付額のうち2,000円を越える部分について所得税や住民税が控除される制度です。

つまり、ふるさと納税を使って被災地に寄付をすることで、被災地復興に貢献できるだけでなく、金額に応じて自分が支払う税金が安くなるのです。

一般的にふるさと納税は、寄付のお礼として特産品が送られてくることでよく知られた制度ですが、被災地への寄付の場合は感謝の品の送付を辞退するという対応も考えられます。

支払う税金がいくら安くなるかは家庭ごとに異なりますが、例えば年収700万円の会社員と専業主婦の妻の世帯で3万円を寄付すると、税金が2万8,000円下がります。自分のケースを知りたい場合は、下記のWebサイトが役立ちます。

参考|総務省:ふるさと納税のしくみ
参考|総務省:全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安
参考|総務省:寄附金控除額の計算シミュレーション

ふるさと納税をすると被災地の手間が増える?

「ふるさと納税制度を利用すると、自治体が寄付の証明書を発行するなど事務作業が生じて役所の仕事を増やしてしまう。」と心配をする人もいますが、茨城県境町や福井県などではその事務手続きを代行しています。

参考|福井県:熊本県への災害支援寄付(ふるさと納税)の受付を行っています

なお、原則として「ふるさと納税」は確定申告を行う必要がありますが、本来確定申告の必要がない会社員などは、あらかじめ申請することで確定申告をしなくてよい「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できます。

参考|総務省:ふるさと納税の流れ

「ふるさと納税って何だか難しそう……。」と思う人もいますが、自分が得をするだけじゃなく、被災地などの地方自治体にも貢献できる良い制度なので、よく理解して十分に活用できるようにしましょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。