ブレーカーオフで究極の電気代節約!一人暮らしでもまだまだ節約できる!

4

読了目安[ 3 分 ]

一人暮らしをする際に、電気をいろいろと使ってしまっていませんか?実は一人暮らしの電気代、まだまだ節約できるところがあるんです。今回は、一人暮らしをする際に、節約できうる電気代のノウハウをお知らせします。

冷蔵庫は隙間を開けて
冷蔵庫にモノを詰め込み過ぎないことは、とても重要です。冷蔵庫は隙間が開いている方がよく冷えるので、詰め込み過ぎると電気代がかかります。あまりモノを詰め過ぎないほうがいいでしょう。買い物は余裕を持って、常に冷蔵庫の中身がどんな状態か把握しておきましょう。そうすると食費の節約にもなって二重に節約できます。

出かける際にはブレーカーをオフ
出かける際に、冷蔵庫以外のブレーカーを落とすというのも一つの手です。ブレーカーは、室内についています。よく見ると、部屋ごとに分かれています。一人暮らしの狭い部屋でも、ブレーカーのスイッチは6つ程度あり、電気を完全にオフにすることができます。大元のブレーカーを切ってしまうと冷蔵庫が止まってしまいますので、どれが冷蔵庫のブレーカーかちゃんと調べて、出かける前はそれ以外のブレーカーを切ってしまうのもありでしょう。家にいない時の待機電力を完全にカットできます。

エアコンは入れたり切ったりしないほうがお得
エアコンはできるだけ使わないに越したことはないですが、冷暖房の際に、エアコンを入れるのではなく、除湿にするのも電気代の節約になります。冷房と除湿は室外機にかかる負担も違い、電気代が大きく変わってくるのです。またこまめにスイッチを切ったりするよりは、常時つけっぱなしにしておいたほうが電気代は安いのです。エアコンはスイッチをオンにした時に最も電気代がかかるからです。ですので、5分や10分程度の外出では切らないようにしましょう。

特に電気代は、しらずしらずのうちに無駄が積み重なって、大きな負担となってきます。コンパクトな一人暮らしの生活でも、まだまだ節約できるところがあるのです。これらのアイデアを使って、ぜひ電気代を節約してください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。