自分に非がない自動車事故なのに損しちゃう?!をカバーするには

読了目安[ 2 分 ]

自動車に乗っていると、様々な事故を起こす可能性があります。

自分に責任がある場合もありますが、自分に全く責任がない場合もあります。
自分に全く責任のない自動車事故の場合、保険会社が直接相手方と交渉することが法律で制限されています。そんな時、自分で交渉は大変なので弁護士に交渉を頼むわけですが、そのための費用を補償するのが、弁護士費用特約です。

どんな時に使う?

例えば、こんなケースが考えられます。

  • 信号待ちで停車中に追突された、など自身に過失がないにもかかわらず、相手方が損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない
  • 子どもが通学途中、信号無視した自動車と接触してケガをさせられたが、相手方が保険に加入しておらず、交渉が進まない
  • 相手方の提示してきた賠償額に納得がいかない

など、自分には何の過失もない事故で、相手方が交渉に応じない、補償が不十分、といった時に使えます。

どれくらい補償してくれるのか

大きく分けて2つのことを補償してくれます。
弁護士の報酬や訴訟費用・その他必要な手続きに関わる費用の補償と、法律相談・書類作成費用の補償です。
前者は1事故1名あたり300万円まで、後者は1事故1名あたり10万円までとしている保険会社が多いようです。保険会社によって300万円の中に10万円を含んでいるところと、別枠のところがあるという点だけ注意しておいてください。

こんなにお得

「自動車」には契約車両のみならず、タクシー、バス、友人の車、原付なども含まれます。(自転車同士の事故は、自動車に関わる事故ではないため対象外となります)
また、車が2台以上ある場合でも、1台に特約を付けていれば、本人とその家族については補償されますのでとてもお得です。
保険料は1年間で1,500円程度です。(限度額300万円・ゴールド免許・20等級・プリウスの場合)
実際訴訟を起こすと、弁護士費用は80〜90万円くらいかかるといわれていますので、付保しておくととてもお得です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。