毎日のお手入れが肝心!良質なスーツ着用で無駄な出費を回避!

2

読了目安[ 3 分 ]

スーツはビジネスマンにとって非常に重要なものです。

定期的にクリーニングし、傷んだら買い換えたいものですが、どちらも頻繁に行うとコストがかかってしまいます。スーツにかける出費を抑えるコツは、いいものを丁寧に、長く着ることです。その観点から、以下にいくつかのお手入れのコツを紹介していきます。

1.無駄な出費を避ける
スーツは自分を演出するために必要な道具でもあります。未来の自分への投資なのでぜひ良いもの、気に入ったものを買いましょう。では何が無駄なのか。まず、クリーニング代です。これは、スーツ上下で平均1,000円程度かかります。加えて、クリーニングに出しすぎると生地もダメージを受けます。月に1回も出せば十分です。そして、破れやカビ、虫食いなどはもってのほか。また新しいものを買う羽目に。では、無駄な出費を避けるためにできることは何なのか。

2.日頃からできるお手入れ方法
スーツはお手入れが肝心です。毎日お手入れしてあげましょう。

1.1日着たら1日休ませる
スーツは2日連続で着ない方がいいです。1日来たら汗などの水分を飛ばすため、室内での陰干しを。生地のダメージを抑えるための鉄則です。

2.終わったあとは優しくケア
仕事から帰ってスーツのまま家事をしたり、脱ぎっぱなしで横になったりしていませんか?帰宅後にはすぐにポケットの中のものをだし、ハンガーにかけ、優しくブラッシングをしましょう。ポケットにものが入ったままだと形が崩れてしまいますし、ハンガーにかけることでしわや型崩れを防ぐことができます。できれば防湿効果のある木製の、形に合ったハンガーを使いましょう。また、パンツは専用ハンガーに裾からつるすことでしわが伸ばせます。そしてハンガー後のブラッシングで目に見えない小さなほこりまで落とせば、虫食いも予防できます。全体をたたいてほこりを浮かせた後、上から順にブラッシングしましょう。ポケットも忘れずに。

3.もしものお手入れ
しわがついたらクリーニングに出す前にシャワー時の浴室にかける、またスチームアイロンを試してみましょう。ただし生地を濡らしすぎるのは厳禁です。また、雨に濡れてしまったら乾いたタオルでやさしくたたき水滴をとりましょう。こすってしまうと生地が悲鳴を上げます。その後は自然乾燥。吸湿性のある木製のハンガーまたはタオルを挟むなどして乾きやすくしてあげましょう。においもしわ取りと同じ要領で。消臭スプレーなどは生地にとってあまりよくありません。

これら日常のお手入れで、お気に入りのスーツをより長持ちさせ、余計な出費を抑えることができます。「人は見た目が9割」という言葉があるとおり、良くも悪くも、良いスーツを着た人は仕事ができそう、中身もよさそう、となるものです。無駄な出費は抑えて良いスーツを着ましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。