一石二鳥!ペットの健康管理と節約も! 愛情手作りごはんに挑戦しよう

1

読了目安[ 3 分 ]

ヤフー関連の調査によると、犬を一匹飼っている人が一か月あたり、犬に使う費用の平均は1万5,000~6,000円強とのこと。

内訳では、食費(ドッグフード・食材・おやつなどを含む)が最も高く、平均5,000円程度とのことです。ペットを飼っているうちは、このコストが固定費として毎月かさんできます。実は、ドッグフードも手作りすることができるのです。うまくすれば、ワンちゃんの健康を維持しつつ、毎月のコストを節約できるのです。

どんなものを作ればいいか? NG食材もあり
ドッグフードを手作りする際は、基本的に薄味で油の少ないものを作ればいいのですが、肉は、馬・豚・鶏・マトンなどたくさんの種類の肉を使い、時には魚類も使いましょう。また、野菜はキノコを入れて最低5種類以上使うのが好ましいです。なお、調理する時は植物性の油を使うのが得策です。毎日のことなので、水分が多めのおじやご飯を基本とし、中に入れるものを組み合わせて栄養バランスを考えてみるといいでしょう。
ただし、ネギ類など、一般的にワンちゃんにあげてはいけないものもありますので、そういったことを事前に勉強してから作ったほうが得策です。NG食材に関してはネットなどで出てますので、リサーチしましょう。

健康の確認はワンちゃんの食べっぷりと排泄物で
大切なワンちゃんのことですので、手作りごはんを始めた後は、継続してワンちゃんの状況を見てあげましょう。定期的に獣医さんに相談することはもちろんのことですが、家でも、ワンちゃんがそもそも手作りごはんが好きそうかどうか、また、ワンちゃんのウンチの大きさ・硬さなどが一定であることなどを確認しましょう。

ペットフードには防腐剤・保存料が含まれているケースも
一概にペットの体調に悪いことはないでしょうが、ペットフードには添加物・防腐剤・保存料が入っていることも多いです。おやつのジャーキーなどにもこれらが含まれていることも多いので、オーガニック趣向にも、ペットフードの手作りは向いています。ぜひ挑戦してみましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。