格安SIMカードを使って、モバイル料金を大幅カット!

1

読了目安[ 3 分 ]

今や多くの方の生活にとって欠かせない存在となったスマートフォン。一人暮らしでは特に、固定電話の代わりやデスクトップパソコンの代わりとして使っている方も多いかと思います。そのモバイルプランを見直すことで、毎月の節約につながることもあります。

スマホを格安で使う方法としてのSIMカード
スマホの利用料を大きく減らす方法に、SIMカードを使うということがあります。そもそもSIMカードとは、携帯電話などに挿入して利用する小型のICカードのことを指します。このSIMカードには、それぞれの電話番号や回線情報などが記録されているので、このカードなしでスマホ端末は使えないのです。そして格安SIMカードとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる業者が、既存の大手キャリアよりも廉価で提供しているカードのことを指します。

格安SIMカードのデメリットもしっかりと認識しよう
格安SIMカードには、安いというメリットに反して当然デメリットもあります。例えば、「データ通信量や通信速度が制限されている場合がある」、「テザリングを利用できない場合がある」、「クレジットカードが必要な場合がある」、「キャリアによる端末価格の割引を受けられない」などでしょう。

一部、通話ができないカードなどもありますので、通話ができるものを選びましょう。プランや通話料金にもよりますが、通常の月々の携帯代金が6,000~1万円程度と考えると、格安SIMカードで2,000~3,000円に抑えることができます。

他の通信プランと組み合わせることも検討しよう
例えば私の場合は、仕事上通信量を相当使いますし、通信速度が遅くなってしまうと非常に困るときがあるので、格安SIMカードでのモバイル契約と同時に、基本無制限で利用できるWifiルーターを使っています。このように、ご自身の生活スタイル、使用の程度、タイミング、シチュエーションなどに合わせて各種通信プランを使い分けましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。