【編集部体験レポート】 驚愕の事実に愕然!元本を2倍にするのに72,000年!?

読了目安[ 5 分 ]

こんにちは。マネーゴーランド編集部のGONです。

突然ですが、みなさん資産管理していますか?私は、マネーメディアに携わりかつ編集部一の年長者?でありながら、まったくしていません。お金は銀行預金だけです。なので、先日のNHK報道特集『老後破産』なんかを見ると自分のことか!と思わず背筋が寒くなってしまうのですが、とはいえ何から始めればいいのかがわからず。そう、大方の初心者はその入り口で躓いてしまうのです。

というわけで、マネーゴーランドに執筆いただいている株式会社Money&You代表でファイナンシャルプランナーの頼藤太希氏が登壇する無料セミナーがあるというので、これはよい機会と出かけてみました。

参加者はすでに利用者?の男性が9割

19時を少し回って会場に到着、すでに司会者が本日の講師を紹介していました。セミナーは2部構成。前半はMoney&Youによる
「ライフプランからみた資産構成~マネーフォワードを活用した資産管理術~」
と後半がレオス・キャピタルワークスの
「投資信託について」

「ひふみ投信」
を例に投資信託の説明という内容でした。

来場者は多くがすでに投資信託を運用している人と思しき30~40代の男性で占められていました。

なんだか浮いてる?かなり場違いな感じがしましたが、初心者代表で勉強するぞ!という意気込みで前のめりで聞きました。

前半のプログラムはさらに、

「今世の中で何が起こっているの?最低限必要な老後資金は?」
「マネーフォワードを活用した資産管理術」
「オリジナルマネープラン実現のコツ」
と3部構成。

マネーセミナーはじめてなので、すべてが興味深く、ときには衝撃的な内容に頭をガツンとやられて、これはこのママではヤバイぞ!というのを実感できたのが、いちばんの収穫でした。

自分のことは自分で守る!そのための資産が必要

1部はMoney&You取締役高山一恵氏による
「今世の中で何が起こっているの?最低限必要な老後資金は?」
の話。私にとってはこれがいちばん身近でリアリティがありました。


写真(c) 株式会社Money&You

  • 高度成長時代の日本にあった平均的なライフプラン(幸せモデル)が崩壊している
  • 超高齢社会の日本の長生きリスク=老後(定年後)が長い
  • もはや国や企業は生活も守ってくれない、自分のことは自分で守る
  • 高度成長時代は12人で高齢者1人を支えていたが、2025年には1,8人で1人の超少子高齢社会
  • 超低金利、20年間で2,000万円貯めるには、毎月83,325円積立必要(3%で60,920円)
  • 「72の法則」:72÷運用利率(%)=元金を2倍にするのにかかる年数
  • 0.001%の普通預金では72000年!年利3%の投資信託は24年
  • インフレ到来で、お金の実質価値が目減りする
  • 定年までに貯めたいお金の計算式
  • 「お金の知識」と自分だけの「オリジナルマネープラン」の必要性
  • 資産運用には、稼ぐ、貯める、増やすの3つがポイント

マイナス金利の現代、元本を2倍にするのに72000年もかかる!というがいちばんの衝撃でした。72000年という天文学的数字でもう笑うしかないですね。すぐ始めないと!私には時間がないのでした。それを実感できただけでも大きな収穫です。

「マネーフォワード」は試してみる価値あり!

2部と3部は頼藤氏による
「マネーフォワード活用した資産管理術」

「オリジナルマネープラン実現のコツ」
のお話。

マネーフォワードのアプリはDLしたのですが、まったく活用していませんでした。というのも、自分の口座情報を一括管理は便利というのは頭では理解できても、なぜそれが可能になるのか?が漠然とした違和感と不安があって、はじめの一歩を踏み出せずにいました。が、このセミナーで頼藤氏の実際にさまざまなアプリを試して到達した結果、「マネーフォワード」がいちばんオススメ!という言葉にはたいへん説得力がありました。何しろプロが言うんだから!


写真(c) 株式会社Money&You

マネーツール(家計簿)の目的

これまで自分で手作業で付けていた家計簿の入力を自動化することで、今までわからなかった支出の全体像を把握すること。よって、もっとも負荷の大きかった支出の登録が自動化されると、支出傾向が見える化され、簡単に自己分析できること。すると、自然に貯蓄できるように、体質改善できるようになるという。なんということでしょう?これは早々にやらないと!と思った次第です。大手金融機関が出資して、連携している金融機関は2,590社。セキュリティもアプリ側が保持するのはメールアドレスとPWのたった2つだけ。たしかにこのネット社会でセキュリティ云々言い出したら何もできなし、毎日ネットショッピングでカード情報入力してるし、そっちのほうがリスク高くない?と思わず自分で突っ込んでみたり。これは、早々にやってみないと!マネーフォワードデビューを誓ったのでした。実際のやってみた!は後日報告します。

オリジナルマネープランには「投資信託」がオススメ

3部はオリジナルマネープラン実現には、投資信託がよいという話。マネーゴーランドの記事にもたくさんありますが、プロが運用する投資信託は、投資ビギナーにはいろんな意味でオススメのようです。長期でできる、小額からできる、積立できる、分散できる、そして1年に1回は見直してリバランスするというポイントを抑えておけばよいと。なんだか、私でもできそうな気がしてきました。
あくまでも、支出を把握して余剰資金でやることがいちばんたいせつです。

後半は、「ひふみ投信」をメインとした、投資信託のお話でしたので割愛しますが、「ひふみ投信」は編集部のNISAアンケートでオススメファンドとして名前が挙がっていました。確かに実績もある優良ファンドのようです。たった1回セミナーを聞いただけですが、なんだかとても親近感を持ちました。個人的にもっと調べてみたいと思います。

こんな心境の変化があっただけでも、本当に今回のマネーセミナーは有意義でした。
今後も、無料マネーセミナー積極的に参加します。

セミナー概要
日時:4月19日(火) 19~21  
タイトル:「ライフプランからみた資産形成・資産管理」
主催:レオス・キャピタルワークス株式会社 共催:マネーフォワード

株式会社Money&You セミナーレポート

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。