飲み会や合コンはもうしない!節約バーベキューの賢いやり方

読了目安[ 4 分 ]

春は出会いの季節!懇親会や、新しい出会いを求めての合コンもきっとあるでしょう。

ただ、飲み会が続くとお財布事情が厳しくなりますよね。飲み会の費用は、安くとも1人4000-5000円くらいでしょう。しかも、飲み放題プランだとお酒を飲まない人も合わせなくてはいけないので、なんだか損をしている気分になりますね。

そこで提案したいのが、バーベキューです。バーベキューなら、場所が自由な上に、1人当たりの予算を先に決めてしまえば後はそれに合わせて食材を購入するのみ。そして、別にお酒を飲まなくても大丈夫。

今回は、飲み会や合コンの代わりに、家族の外食の代わりに行うバーベキューの節約ポイントとおすすめポイントをご紹介します。

節約バーベキューのお得ポイント

バーベキューの機材セットは7000円ほどでレンタルできるところもあるため、持っていなくても問題ありません。

機材費7000円+食材費等13000円=20000円ほどで十分に楽しめます。10人で行うなら2000円です。さらに、以下のポイントを押さえることでさらにお得な節約バーベキューにしてしまいましょう。

1.調理道具は自分で持参

調理の道具は自分で持参すると良いです。キャンプ場でレンタルすると何かとお金がかかります。結局、野外でも調理することには変わりないので、使い慣れたキッチングッズを持って行くといいでしょう。

調味料なども小さく小分けにして持参するといいでしょう。足りないものがあると、現地で買い足すハメになってしまいますので、できるだけ事前にみっちりとシミュレーションして、追加購入がないようにしっかりと準備しましょう。

2.足りない道具は手作りできる

バーベキューコンロは、小さいものなら100均の材料でお手軽に安く手作りできます。用意するのは、網を大小2枚と、園芸用のプランターを置くワイヤーでできたスタンドです。

この3つを組み合わせて炭をセットするだけで、だけで、小型のコンロに早変わり。これだけの材料なら、クルマがなくても、電車でも持ち運びができるので、交通費の節約にもなります。

2.保冷剤の代わりに冷凍したお肉

肉を痛めないためにはクーラーボックスが必要です。クーラーボックスにはたくさんの保冷剤が必要になりますが、スペースも取るし、帰りも重くてじゃまになります。

そこで、肉を味噌漬けにして冷凍しておきましょう。冷凍したお肉をクーラーボックスに入れておけば、保冷剤の代わりになります。余計なお金もかかりませんし、容量も有効活用できますね。

3.なるべく大人数で行う

アウトドアは大勢で行くほうが楽しめるだけでなく、食材費、材料費、ガソリン代、高速代、駐車場代など、バーベキューにかかる費用も安上がりです。

家族でバーベキューをする場合はママ友家族、仕事仲間とバーベキューをする場合は仲の良いお得意様など、できるだけ誘い合わせていくようにしましょう。

バーベキューをおすすめする理由

バーベキューは節約だけが利点ではありません。それ以外にもたくさんのおすすめポイントがあります。

1.場所の選択ができる

バーベキュー会場を選ぶ際に、選択した場所の特徴で結構雰囲気が変わるというのは面白いところです。

例えば、海が見えるところなら潮風を感じることができますし、森林が多いところなら森林浴を楽しめ、季節の木花を楽しんだりとゆったりと過ごすことができます。

2.食事のジャンルが多様になる

居酒屋だと大体同じメニューですが、バーベキューなら定番の焼肉、海鮮などの鉄板焼きの他に、カレーやシチューなどのスープ系、ホットケーキなどのスイーツ系も楽しめます。

最近流行りの芋煮や燻製もできちゃいます。とにかく、工夫次第でメニューが広がるのが楽しいところです。

3.準備が一人に偏らない

飲み会だと、幹事が1人でスケジュール調整からお店の決定・連絡、費用の回収など一通りのことをしないといけません。正直大変なので、幹事は断りたい人が多いでしょう。

一方BBQなら、スケジュール調整や場所の選定は1人で担当しますが、買い出し係や食材調理係、火おこし係など準備は全員参加なので、参加者全員が当事者意識をもって開催できます。費用の清算も買い出し係が行うため、場所を選定して清算まで1人ですることは避けられそうです。

準備や片付けをしている様子で協力的な人、ちょっと身勝手な人、テキパキした人、のんびりした人など人の性格も見えてくるため、合コンにも最適だと思いますよ。

バーベキューは形から入らない!

キャンプやアウトドアと言うと、気合いを入れて、形から入りたがる人も多いのではないでしょうか。有名ブランドのテントを買ったり、バーベキューセットを買ったり、登山用の小型コンロや調理器具を買ったり……。

登山や釣り、サイクリングなどが趣味で、よく山に行く人なら本格的な道具を揃えても良いかもしれません。でも家族や仲間とバーベキューを楽しみたい「にわかアウトドア好き」は、そんな高価な専門用具を買う必要ありません。

鍋もフライパンもケトルもアウトドア専用のものではなく、家庭で使っているキッチン用品で十分です。

また、キャンプ道具を持参すれば、数千円程度で泊まれるところもあるため、子どもを連れてライトなキャンプができれば一生の思い出になりますね。

「外で食べるのはちょっと……。」と億劫に思わずに、1度気軽にバーベキューを開催するとハマると思いますよ。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。