将来的に大きな損をする?ふるさと納税は本当にメリットが大きいのか

読了目安[ 3 分 ]

今や誰もが知っているふるさと納税という制度があります。ふるさと納税は地方に寄付をする制度なのですが、税金控除、そして地方の特産品がもらえるとあって、今や実質2000円で豪華な特産品をもらえる方法になりつつあります。

ふるさと納税をすることで、私たちは特産品がもらえ、都市部に集まる税金を地方に分配できると非常にメリットが大きいことで注目を集めています。

しかし、美しいバラにはトゲがあるように美味しい話には必ず裏があります。つまり、誰かが儲けているということは誰かが損をしているのです。

つまり、ふるさと納税で私たちが大きなメリットを受けている一方、損をしている人がいるということなのです。多くのメディアは注目を浴びるためにふるさと納税の良い部分しか紹介していないので、ふるさと納税のデメリットも知ってもらえたらと思います。

それは、あなたがふるさと納税をすることで、あなたの住んでいる地域の税収が減るということです。

というのも基本的に控除される税金の大部分は地方の税金から控除されています。ですから、あなたの住んでいる地域の人がふるさと納税をすればするほど、あなたの地域の税収は減っていきます。

税収が減るということは、必要な工事や災害の備え、その他普段の何気ない生活をまかなっている税金がなくなるということです。

そうなると困るのはその地方に住んでいる人、つまり、あなたやあなたの身の回りに住んでいる人が損を被ることになるのです。

税収が減るのであれば、ふるさと納税の特典を豪華にすればいいのではないかと思われるかもしれません。しかし、ふるさと納税で受けた寄付金は全て特産品に割り当てるといった地域もあるように豪華な特産品を用意するためには、より税金を割り当てなければなりません。

そうなると本末転倒であり、将来的に自分の住んでいる地域の税収が少なくなることも考えられるのです。ですから、今の自分がメリットを受けている分、将来の自分が損害を被ることも十分に考えられるのです。

ふるさと納税のメリットばかりが強調されますが、このように負のスパイラルに入る可能性があることも知る必要があるのではないでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。