あなたの文章はわかりにくい?文章に説得力を生み出す○○とは!

読了目安[ 3 分 ]

最近、副業を認める企業が増えてきています。今年の2月には東証一部の上場企業であるロート製薬株式会社も副業を認めたとあって、今後副業を認める企業が増えてくるのではないか?と期待されています。

そのような中でクラウドソーシングを利用して稼ぐ方法にますます注目が集まっています。クラウドソーシングとは企業と個人のマッチングであり、主にインターネットのマッチングサイトを利用して、企業から仕事をもらいます。

増える在宅での記事執筆業務

在宅でできる仕事が多く業種も幅広いので、初心者から専門的な仕事まで多くの企業からの仕事が登録されています。その中でも一段と注目を集めるのが「記事の執筆業務」ではないでしょうか。というのも初心者でも稼ぎやすく、専門的な知識を持っている人は、より高報酬の仕事を受けることもできるのです。

しかし、どのようなジャンルの記事の執筆をしようと考えても“説得力のある文章”を書くことが求められます。というのも、多くの人に記事を読んでもらうためには、誰が読んでも「この記事に書いてあることは参考になる!」と思ってもらわなければなりません。

初心者の人がそのような記事を書くことは難しいと考えるかもしれません。しかし、たった一つの簡単な方法を実践するだけで、説得力のある文章を書くことができるのです。

文章に説得力を持たせる方法

その方法とは、権威のある人の言葉を引用するという方法です。

例えば、「若者はもっといろいろ苦労しろ」といった話をしていたとします。

居酒屋で騒がしく自分語りをして、若者を否定したがる50代の小太りのおじさんを見ると、「ああ、またなんか言ってるよ」と多くの人が思うのではないでしょうか。

しかし、起業家でありソフトバンクの社長である孫正義はかつて「若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、無理難題を体験すればするほど底力がついてくる」と話していました。無理に苦労をする必要はないという意見もありますが、自分の成長のためには少し無理をして頑張る価値もあるのではないでしょうか。

このように並べると、後者の文章の方が、説得力があるように聞こえるでしょう。内容自体はそれほど大きく変わらないことなのに、孫正義の言葉を借りただけで読み手の印象が大きく変わるのです。

ぜひ文章に説得力がないと思われている方は実践してみて下さい。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。