約7割の人が株に興味あり?株を始めたい人が知っておきたい稼げる人の投資思考とは?

読了目安[ 3 分 ]

会社が退職まで給料を保障してくれる終身雇用は今や絶滅しつつあります。そんな中の新たに出てきた考えは「自分の力でお金を稼ぐ」という考え方です。

というのも、最近の大企業が不振というニュースを聞いてもわかるように、昔ほど会社が雇用者を守る力はありません。このような状態に不安を感じているサラリーマンは少なくなく、アンケートでは株やFXといった投資に興味があると答えた人は実に7割にも昇るそうです。

ただ投資に対するイメージはまだまだ良くありません。というのも損をしてお金を失う恐怖から、なかなか一歩踏み出せない人も少なくないようです。

今回はそのようなあなたのために、初心者が投資で損をする理由についてお話します。

この理由を知っておかないと、あなたは投資でなかなか成功できないでしょう。いくらトレードを繰り返しても小さい負けを繰り返すことが多くなります。せっかく勇気を出して投資の世界に足を踏み入れたのにも関わらず、結局損を繰り返してばかりでは「投資は稼げない」と思い込んでしまっても無理はありません。

損を繰り返すと日常生活に支障が出ることも考えられます。会社で働いているときにも今朝買った株の株価が気になり、「今、株価が下がっていないだろうか」「ああ、早く取引の画面が見たい!」と株のことで頭がいっぱいになるのです。

そのようにならないためには、投資で稼ぐイメージを持っておく必要があるのです。ですから、初心者が損をする理由をしっかりと知ってもらえたらと思います。

それは、利益を出すことにせっかちになりすぎるということです。

例えば、株購入から1週間以内に取引を行うスイングトレードで初心者は2日目に株価が下がるとかなり心配します。確かに1週間という決められた時間の中で株価が下がると非常に気になることは事実です。しかし、株を購入するときには何か株価が上がる要因があるからこそ、その株を購入したのではないでしょうか。もしそうなら、その要因が株価に反映されるまで待てばいいのです。

この待つという行為が株式投資で稼げる人と稼げない人の大きな境目の一つとも言えるでしょう。損切りの範囲内であれば、少し株価の様子を見守るのもいいのではないでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。