房総フラワーラインは春の到来が満喫できるドライブロード【節約絶景ドライブ】

15

読了目安[ 9 分 ]

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。

題して「節約絶景ドライブ」。

みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

日本の道100選にも選ばれた絶景道

車を運転しながらでも、自然と目に飛び込んでくる彩り豊かな花の饗宴。
そんな春の訪れを体じゅうで味わえるドライブルートがあります。
目的地に向かう道すがらの光景さえも楽しみたい、そんなおトクな節約絶景スポットを探している方におすすめのプランをお届けします。

房総フラワーライン編のおすすめスポット

国道410号&県道257号線で行く 南総フラワーライン周回プラン

  • ルート:館山→洲崎→伊戸→相浜→野島埼→千倉→国道128号線で館山へ
  • 距離:約60km
  • 所要時間:約1.5時間

千葉県の南端に位置する南房総半島は、フラワーラインをはじめ多くの絶景スポットが点在するおすすめのドライブロード。
東京湾アクアラインを経由して館山自動車道を南下すると、起点となる館山の街が見えてきます。

道の両脇にはシュロの木が立ち並び南国ムードは満点。
館山からはフラワーライン(県道257号線)で洲崎灯台(マーガレット岬)へ向かいます。
灯台のふもとには駐車場もあるので、車を停めて灯台まで歩いていくことも可能。
さらに進み伊戸から相浜までのフラワーロードは、日本の道100選に選ばれた絶景スポット。
道沿いには花壇がずらっと並んで菜の花をはじめとする多くの花が咲き誇り、道はひたすら一直線に続きます。

冬でも雨が少ない南総は日照量が多いため、花の栽培にも適しているのだとか。
途中には道の駅「南総パラダイス」と千葉県最大級の動植物園「アロハガーデンたてやま」が見えてくるので、小休憩するのもおすすめです。

相浜で国道410号線に合流後も、まだまだフラワーラインは続きます。
知る人ぞ知る穴場的海水浴場として知られる根本海水浴場を通過すると、今度は房総半島最南端にある野島埼灯台へ向かいましょう。
白亜の八角形をした美しい容姿は「日本の灯台50選」にも選ばれるほど。
その後は夕日の名所としても有名な白浜海岸の岩礁と海のコントラストを楽しみつつ、今度は外房の海が広がる千倉へと向かいます。

今度は房総半島を北上しつつ白子の市街地を過ぎ、フラワーラインから外れて国道410号を走ると、128号線に合流するT字路に到着。
ここを左折すると起点である館山に戻ることができますが、右折するとさらに外房が楽しめるドライブを続けることも可能。
鴨川を通って勝浦、御宿へと向かい、波乗り道路として有名な九十九里浜を目指すのもおすすめです。


節約絶景スポット1:房総フラワーライン(伊戸~相浜間)

房総フラワーラインとは、館山から房総半島の南端をぐるりとまわって、外房の和田町まで続く区間の愛称。
県道257号線と国道410号線、さらに県道297号線の一部で構成されています。
全長およそ50キロ近い道程のなかで、日本の道100選に選ばれているのが伊戸~相浜間の約6キロのルート。
道沿いには彩り豊かな花が咲き、美しい風景と相まって極上の旅情が楽しめます。
植物園などで足を運ばなくても、ただドライブしているだけで十分すぎるほど春を満喫することができます。

節約絶景スポット2:野島埼灯台

房総半島の最南端に位置する風光明媚な景色が楽しめる観光スポット。
特徴的な八角形の白亜の灯台は、明治2年にフランス人技師ウェルニーの手によるもので、日本で初めてとなる西洋式の8灯台のひとつ。
日本で2番目に古い灯台としても有名です。
最南端ならではの朝日と夕日をそれぞれ楽しめる絶景スポットです。

節約絶景スポット3:白浜海岸

野島埼灯台を過ぎて国道410号線を東へ向かうと現われるのが白浜海岸。
海沿いを走るフラワーラインの中でも、海沿いを走れるのがこの区間で雄大な太平洋を眺めながらドライブが楽しめます。
展望スポットがしっかりと完備されており、車を停めて海沿いを歩くことができる歩道も用意されています。
沈みゆく美しい夕日を眺める絶景スポットとしても有名です。

節約テクニック

観光スポットに立ち寄らずとも楽しめる!
ひたすら続く花と海の空のコントラストが楽しめるフラワーライン。
道の途中にはいくつもの観光スポットが立ち並びますが、それらに寄らなくても思う存分絶景を楽しむことができます。
駐車料金や入場料など、細かい支出を気にしないで思い立ったらすぐに出かけられる気軽さも大きな魅力。
東京から向かうなら、その道程で東京湾アクアラインまで満喫することが可能。ちょっとしたリフレッシュには最適な節約絶景スポットです。

【シリーズ】節約絶景ドライブ

読了目安[ 1 分 ]

節約しながらドライブを楽しめるドライブルートをご紹介!
季節ごとの楽しみ方や、一年中楽しめるスポットなど盛りだくさんなので、是非参考にしてみてくださいね。

  1. 伊豆半島の絶景スポット。断崖絶壁から眺める夕日を見に行く【節約絶景ドライブ】
  2. 房総フラワーラインは春の到来が満喫できるドライブロード【節約絶景ドライブ】
  3. 富士パノラマラインで富士山と芝桜を同時に楽しむ【節約絶景ドライブ】
  4. 絶景すぎる!!ネモフィラの丘に大感動できる日立シーサイドロード【節約絶景ドライブ】
  5. 日本ロマンチック街道で行く軽井沢。白糸の滝や浅間山のパノラマなどを鑑賞【節約絶景ドライブ】
  6. 箱根・芦ノ湖スカイラインで三国峠から眺める富士山の大パノラマ【節約絶景ドライブ】
  7. 【節約絶景ドライブ】サミット開幕!! レンタカーでも行きたい注目スポット ~伊勢志摩国立公園を満喫ドライブ編~
  8. 【節約絶景ドライブ】千里浜なぎさドライブウェイなど見どころ満載 ~石川県・能登半島を満喫ドライブ編~
  9. 【節約絶景ドライブ】新緑のトンネルからマイナスイオンが降り注ぐ~青森県・奥入瀬渓流を満喫ドライブ編~
  10. 【節約絶景ドライブ】雲海の広がる美ヶ原高原を駆け抜ける~ビーナスライン満喫ドライブ編~
  11. 【節約絶景ドライブ】四万十川沿いを走り足摺岬の大絶景を見に行く
  12. 【節約絶景ドライブ】パンダを見に行こう!~南紀白浜に浮かぶ円月島を満喫ドライブ~
  13. 【節約絶景ドライブ】レンタカーで洞爺湖の絶景を見に行こう
  14. 【節約絶景ドライブ】圧巻の富良野ラベンダー畑をレンタカーで見に行こう
  15. 【節約絶景ドライブ】レンタカーで北海道「積丹半島の絶景ブルー」を見に行こう
  16. 今夏絶対に見たい!日本の美しい絶景スポット9選【節約絶景ドライブ】【声優ナレーション付】
  17. 【節約絶景ドライブ】沖縄県うるま市の世界遺産&海中道路へ行く旅
  18. 【節約絶景ドライブ】埼玉長瀞の岩畳を楽しむ大迫力ドライブコース
  19. 【節約絶景ドライブ】沖縄南部の世界遺産「斎場御嶽」とパワースポットを巡ろう

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。