年収300万円の人こそマイホーム!不動産プロも認めたその方法とは?

4

読了目安[ 3 分 ]

住宅に関する資金は人生の三大支出の一つともいわれるほど支出が大きく、自分のマイホームを持ちたいけれど難しいと考える人も少なくないでしょう。

マイホームを買うとなると家を買うお金はもちろん、家具や備品、保険といった様々なことにお金をかけなければなりません。

そうなると、年収300万円の人がマイホームを持つなんてことが実際に可能なのか?と思われる人もいるでしょう。しかし、マイホームを持っている人の5人に1人は年収が399万円以下の人なのです。

なぜそのようなことがあり得るのでしょうか。例え年収が500万円、600万円となくても、毎月高い家賃を払わなくても自分で手に入れた念願のマイホームで生涯を暮らすことができるのです。

浮いた家賃代金を子どもの教育費に回すこともできるでしょう。子どもの教育費は1人に1000万円かかると言われるほど、教育費の蓄えも必要なのです。そのような十分な蓄えを作るためにも、ぜひこの方法を知ってもらえたらと思います。

それは、都心から少し離れた中古物件を狙うという方法です。

なんだそんな方法かと侮ってはいけません。というのも新築のマイホームを建てる場合、住み始めたときから価値が下がります。例えば年収300万円の人が最大組めるローンがおよそ2000万円と言われていますが、10年間住むだけで価値が1000万円まで下がると言われます。

しかし、現在300万円の物件を購入すると、価値が0円になったとしても300万円の損で済みます。しかも、300万円の物件ならば月々2万5000円支払えば10年間で返済が終わり、負担もそれほど大きくはないでしょう。

もし、もっと綺麗な家に住みたい!と考えるのであれば中古物件を購入した上でリフォームをすればいいのです。新築と比較すると価格は安いのに新築と変わらないくらい外観が綺麗な家に住むことができます。

一生のうちで何回もある買い物ではないだけに、慎重に買い物を進めるのがよいのではないでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。