社会人として誰からも必要とされる人になるための『12のスキル』

社会人として誰からも必要とされる人になるための『12のスキル』
104

読了目安[ 4 分 ]

新社会人の皆さんは、今、人生の新しい扉を目の前に、大きな期待と不安が入り混じった複雑な気持ちでしょう。
社会に出て働くと、苦労することもたくさんあります。
しかし、扉の向こうには、それ以上に充実した刺激的な生活が待っています。

【社会人基礎力講座】誰からも必要とされる人になるための12のスキル-1話-「社会人基礎力」とは?(総論)

「社会人として仕事をしていく上で、どんな能力が必要だろうか?」

働くということは他人や社会の役に立つことでもあります。
1日でも早く社会人に必要な能力=「社会人基礎力」を学び、身につけ、デキる社会人を目指しましょう。

【社会人基礎力とは】

では、社会が求める「社会人基礎力」とは具体的にはどのようなものでしょうか。
経済産業省では、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を「社会人基礎力」と名付けています。
さらに

     

  • 「前に踏み出す力(アクション)」
  •  

  • 「考え抜く力(シンキング)」
  •  

  • 「チームで働く力(チームワーク)」

の3つの能力と、それを構成するものとして12の能力要素を定義しています。

【3つの能力】

「前に踏み出す力」とは

     

  • 主体性
  •  

  • 働きかけ力
  •  

  • 実行力

という3つの能力要素から成ります。
目標に向かって試行錯誤しながら、自ら踏み出そうと行動する力です。
失敗しても他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められます。

「考え抜く力」とは

     

  • 課題発見力
  •  

  • 計画力
  •  

  • 創造力

という3つの能力要素から成ります。
常に問題意識を持ち、既存の方法に拘らず課題の解決に向けてのプロセスを納得いくまで考え抜くことが求められます。

「チームで働く力」とは

     

  • 発信力
  •  

  • 傾聴力
  •  

  • 柔軟性
  •  

  • 情況把握力
  •  

  • 規律性
  •  

  • ストレスコントロール力

の6つの能力要素から成ります。
組織としての付加価値の創出や目標達成に向けて多様な人と協働する力のことです。
社会人になると、自分と考えの合わない人や苦手な人と一緒に仕事をすることも多くあります。
そういった人々とも上手く付き合いながら、円滑なコミュニケーションを取り、目標に向け協力することが必要です。


経済産業省HPより

12の能力要素の中には、既に身についていると感じる能力もあるかもしれません。
しかし、企業側が求めているものは本人が認識しているレベルよりももう一段高いレベルにあります。

「社会人基礎力」の12の能力要素を身につけ、その能力を伸ばしていくことによって、仕事が円滑に進み、結果にも繋がっていきます。
それに伴って、周囲からの評価も高まり、社会人としての人生は豊かなものになるでしょう。

このシリーズでは、「社会人基礎力」の12の要素を「12のスキル」として、具体的な事例に基づいて、一つずつ学んでいきます。
この中には、当たり前だと感じることがあるかもしれません。
しかし、この当たり前のことをきちんと身につけることができれば、あなたは周囲の誰からも必要とされる人間になれます。

1日でも早く「社会人基礎力」を身につけて、デキる社会人を目指しましょう。

※ このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。