目標設定は「世の中を変える」くらい大きく

1

読了目安[ 3 分 ]

「ぶっちぎり社員育成塾」の第48話、最終回です。

ぶっちぎり社員になる。

それがこのコラムの目的です。

その為に、いろいろな考え方があります。
いろいろなスキル・テクニックがあります。

ただ、大きくぶっちぎるには、大きなエネルギーが必要です。
大きなエネルギーがないと、そこまでたどり着ないからです。

エネルギーは、自分自身から出ます。
勿論、「誰かのために」という気持ちからもエネルギーが出ますが、そう考えるのも自分の捉え方です。

そういう意味で、自分自身からエネルギーが出るということになるんですね。
「60点で良いや」と思うとします。
そうすると、実際は55点で終ったり、50点で終ったりします。
70点になることはそうはありません。

それと同じで、「主任になりたい」「課長になりたい」という設定だと、そこまで行く確率は高くないかも知れません。

そもそもぶっちぎりじゃないですからね。

ステップとしては、主任になって、課長になって・・・・となるかも知れません。
でも、それは結果としてのこと。
自分の中の設定としては、そうじゃない方が良いです。

大きければ大きい程、力が出ます。
というか、簡単には達成しないので、力を抜くことが出来ないんですね。

小さい設定だと、それが達成したら止まる可能性があります。
でも、大きい設定だと止まりません。

ぶっちぎり社員になるのであれば、ぶっちぎり社員を目指すのではなく、それ以上を目指すということです。

僕は、「世の中を変える」ぐらいの設定が良いかと思います。
なんでも良いです。

自分の業界の常識を覆すとか、自分のいる地域の常識を覆すとか・・・・。
『世の中』の部分は自分で設定すれば良いので、難しいことはないと思います。

それだけ大きな設定で日々過ごしていれば、その過程においてぶっちぎり社員になれるし、ぶっちぎり人間になれます。

一気にそれが達成することはありません。
途中途中で小さな目標設定をした方が良いですが、最終の設定は難しい方が良いです。
その方が楽しめるんで。

今日でも明日でも良いので、『〇〇の世の中を変える』という設定をしてみてくださいね。

今回で、大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』の連載は終わりです。
長い間、ご愛読いただきありがとうございました。
これまで学んだことを生かして、ぶっちぎり社員になってください!

バックナンバーはこちらから
若手育成コンサルタントによる社員育成術まとめ

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。