株で失敗しない人は損の仕方を心得ている?今日からできる上手な損の出し方とは

読了目安[ 2 分 ]

最近株式投資が非常に注目を集めています。株主優待が話題になっていることもありますし、口座開設はとりあえず済ませた!という人も少なくないでしょう。

しかし、頭でわかっていても株式投資で怖いのは損失を出すということです。株はギャンブルだと主張し、生活の破綻を招く人もいます。株のリスク管理ができない人は自分の資産を一瞬でマイナスにしてしまうことも考えられるのです。

ですから、株で稼いでいる人の損の仕方を心得ておく必要があるのです。今回は株式投資の損失の出し方についてお話しします。

まず、そもそも株式投資で稼いでいるという人は株で損をしないのでしょうか。この答えは間違いなくノーと言えます。経済アナリストと呼ばれる人も世の中には多数いますが、100%正確に経済を読み切ることなんて不可能です。株式投資で稼いでいる人も損を出すのです。

では、株式投資で稼いでいる人が身を滅ぼすくらい大きな損を出しているかと聞かれると、この答えもノーなのです。ここに株式投資で稼いでいる人と初心者の違いがあります。

株式投資で稼いでいる人は初心者とは違う損の出し方をしているのです。経験者の損の出し方を実践すると、あなたも株式投資で稼ぐことは十分可能なのです。

ですから、次の方法を実践してください。

それは、機械的に損切りをするということです。つまり、自分の買った株の株価が購入した株価より5%価格が下がった段階で、すぐに株を売ってしまうのです。

というのも、あなたが株を買った時には、その株の株価が上がると思って買っています。株価が下がることはある意味想定外の出来事なので、今後株価がどこまで下がるかということは想像できません。

そのような場合はすぐに株を売ってしまいましょう。初心者はまた上がるだろうと楽観視するため、結果的に必要以上の損を出してしまうのです。

頭ではわかっていてもなかなかできない!という人は、株を買ったと同時に指値で売り注文を出しておくといいかもしれません。

そうすると株価が下がったときには機械的に処理してくれますし、損失が少なく済みます。ぜひ、損の出し方についても知ってもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。