配当金と株主優待はどっちがお得?株主優待は本当に株主のためになっているの

読了目安[ 2 分 ]

最近株をもっているだけで優待品がもらえる株主優待が人気を集めています。

多くの場合、株主優待には自社の商品や割引券がもらえ、株主はその企業の商品をお得に受け取ることができるのです。
一方で、企業が出した利益を株主に還元する配当金もあります。配当金は1株あたりにいくらというように株主優待と違って1株でも配当金を受け取ることができるのです。
このように株主が受けられるメリットには株主優待と配当金の2種類があり、どちらをもらうとお得か?という議論に関しては意見が分かれるところです。今回は株主優待と配当金はどちらがお得か?ということについてお話していきます。

この記事の目次

安定性

株主からすると配当金も株主優待も、現金か商品かという違いしかありません。株を買う一つの指標として、株主優待と配当金の合計利回りを見る人も少なくないでしょう。
株主から見ると商品か現金かという違いしかありませんが、企業側からすれば配当金と株主優待は大きく異なります。というのも配当金が現金なので、配当金が1万円であれば1万円支払わなければいけません。しかし、自社製品1万円分だと企業側の実質的負担は、3000円程度で済むこともあります。

このように株主優待は企業側からすると、小さい負担で済む=株主優待は続けやすいということになります。ですから、株主優待の方がより安定して受け取れると考えられるのではないでしょうか。

株価

株主優待株は株価が安定しやすい。そんな話を聞いたことはないでしょうか。実際のところ比較的業績が不安だと考えられている企業でも、人気の株主優待株は株価が安定する傾向にあります。
持っている株価が下がらないか不安だと感じる株式投資初心者も多いと思いますが、株価が下がりにくいというのは大きなポイントになるのではないでしょうか。

税金の話

配当金には所得税と住民税という2つの税金が、配当金を受け取るときには差し引かれています。既に差し引かれているので、それほど意識することはないかもしれませんが、10%の税金がかかっていると考えると、その税金も実感できるかと思われます。
株主優待はその点雑所得という扱いなので、20万円分を超えなければ特に課税はされません。税金という面で見ても株主優待が優れていると言えそうですね。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。