スポーツクラブを有効利用して、健康とともに家計の節約も手に入れる!

読了目安[ 3 分 ]

一人暮らしの新生活を始めて気づくものの1つに、公共料金の高さがあります。マイナビスチューデントによれば、一人暮らしの社会人131人への調査で、毎月の公共料金支払いは以下のようになるそうです。

電気代:平均:4,199円 水道代:平均:2,473円 ガス代:平均:3,145円。合計すると1万円前後になります。このコスト、できれば抑えたいですよね。今回はスポーツクラブを利用した場合の節約をご紹介します。

●そもそもシャワー・お風呂ってどのぐらいかかっているの?
なお、通常のシャワーを使用(10分程度)した場合、使用する水の量は120Lとなり、水道代は40~60円、また、ガス代は50~100円程度となり、合計90~160円程度となります。また、お風呂にお湯をためるのに必要な水道代は、風呂桶の大きさにもよりますが、およそ60~120円、光熱費も60~120円程度ですので、金額的には120~240円程度となり、シャワーのみでもお湯をためて入浴してもそこまで変わりません。スポーツクラブで毎日利用すれば、最大240円×30日で7,200円の光熱費節約になるというわけです。

●水道ガス代だけじゃない。スポーツセンターで節約できるいろいろ
見逃されがちですが、その他にもスポーツセンターを利用した場合の節約の観点はあります。たとえば、備え付きの「シャンプー・リンス・ボディソープ」などを利用できること。また、私の家の近くのコナミスポーツクラブでは、ビタミン飲料やサプリメント、ボディソープなどの試供品を配っていたりもします。意外に気にしていないかもしれませんが、毎日のお風呂掃除にも結構お金がかかっているものです。そういったもの全てを総括すると節約効果は非常に大きいものになります。

●入会したら絶対に通って元を取ろう
よくありがちなのが、スポーツクラブに入会しても全然いかなくなってしまった、など。結局、本来の目的である体を動かすことはおろか、お風呂も毎日家で入って、スポーツクラブへは月に1度程度行くぐらい…となってしまった場合は、考え直した方がよいでしょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。