テーマパークが値上げラッシュ!?いいえ!そんなことばかりではありません!

読了目安[ 2 分 ]

春の行楽シーズンを目前に控え、今年は最大10連休にもなるゴールデンウィークの予定を立て始めている方も多いかと思います。

連休というと行楽先の選択肢も一気にひろがりますが、選択肢として必ずといっていいくらいなのが、世代を超えて楽しめるテーマパーク。そのテーマパーク、今年はいつも以上に悩みどころかもしれません。その理由は既に多数のメディア等で報じられているように、4月1日からの値上げがあるからなのです。

人気テーマパークの値上げ状況(※すべて大人料金)

東京ディズニーランド&ディズニーシー

1デーパスポート:¥6,900→¥7,400

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

スタジオ・パス(一日券):¥7,200円→¥7,400

ハウステンボス

1DAYパスポート:¥6,400→¥6,500

富士急ハイランド

フリーパス:¥5,200円→¥5,700円

このように軒並み人気テーマパークへの入場料金が値上がりしています。中でも東京ディズニーランドは3年連続での値上げ。これはゴールデンウィークは家でDVDでも借りながらゆったり過ごそう・・・。そう思うまえにこちらをご覧ください。

狙い目は値段据え置チケット!

ディズニーランド&ディズニーシー

スターライトパスポート:5,400円(大人)、3,500円(子供)
アフター6パスポート:4,200円

値上げ情報にばかり目が行きがちになってしまいますが、お値段据え置きのチケットがあるではありませんか!スターライトパスポートとは基本的に土日祝日のみ有効で、ディズニーランド、ディズニーシーどちかでの利用をすることが出来ます。

他にも、富士急ハイランドのサイト上ではフリーパスが¥5,300になるクーポンがあったりなど、値上げというフレーズだけ判断するのではなく目的や情報によって選択すれば、かえって他の人よりもお得に楽しめてしまうかもしれません。

せっかくのゴールデンウィーク。家族サービスのためにも賢くテーマパークを活用することによって、楽しく過ごすことが一番の休養になるかもしれませんね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。