ふるさと納税だけじゃない!サラリーマンでもできる税金の控除方法3選

1

読了目安[ 3 分 ]

国民であれば誰もが払わなければならないのが税金ですよね。最近、ふるさと納税などで節税できるという方法がテレビでよく紹介されますが、節税方法は他にもあることをご存知でしょうか。

上手に節税することができれば、あなたの収入が横ばいであったとしても支出を抑えることができます。支出を抑えることができれば、それだけ貯蓄に回すこともできますし、投資に回して増やす選択肢もあります。
誰もが支払わなければならないからこそ、今すぐにでも考えるべき問題なのです。しかし、現状節税方法をよく知らないという人は少なくありません。そこで今回はサラリーマンでもできる節税方法を紹介していきます。

扶養控除
扶養控除とは扶養している親族1人あたり38万円を所得から控除できる制度です。一見家庭を持ち、妻と子どもを扶養家族にしている人にとってはあまり関係ないと思われるかもしれません。
しかし、扶養控除が適用される範囲は非常に広く、6等親以内の血族、または3等親以内の姻族を扶養家族とすることができるのです。つまり、自分の親や親の兄弟が65歳以上であり、年金生活をしている場合、年金の収入が年間158万円以内だったら扶養家族にしてしまえるのです。
一度扶養範囲の親族を見直してみてはいかがでしょうか。

医療費控除
医療費控除とはそのままの意味で、高額な医療費がかかった場合、税金が控除されます。適用範囲は年間10万円を超える場合であり、超えた金額分だけ所得から差し引くことができます。
誰しも一生のうちに一度も入院しないということはないので、覚えておくといい節税方法になるでしょう。

副業の赤字を使った節税
最後に紹介するのは副業の赤字による節税です。インターネットの普及により、ネットビジネスや株式投資といった様々な副業が誰でもできるようになりました。
しかし、中には赤字が伴う副業も少なくありません。投資の失敗などはわかりやすいですし、ネットビジネスでツールやパソコンを購入した場合も考えられます。あらかじめ個人事業主として開業届を出すことと、3月に確定申告を行うことと条件がありますが、副業をしているという人は実践してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。