フリーランス必見!健康診断・人間ドックを無料・格安で受診する方法

読了目安[ 3 分 ]

いきなり個人的な話で恐縮ですが、昨年まで会社に所属していたので、今ぐらいの時期にいつも健康診断を受けていました。

「今年はどうしようかな〜」とぼんやりしていたら、年末あたりから胃腸の調子がおかしくなり、血便が出たり下血があったりしたので、渋々お医者さんに診てもらうことに。

薬では痛みが治まらなかったので、血液検査、心電図、CTスキャン、レントゲンなど一通り検査してもらい、念のため人生初の胃カメラと大腸カメラを経験したところ、結果「特に問題なし!」という、うれしいような釈然としないような、非常に複雑な心境のまっただ中におります。

写真は大腸カメラ検査のために飲んだ経口腸管洗浄剤です。疲れた…

何かあってからでは遅い!定期的な検診を

日頃の体調管理を怠らないよう、大病を未然に防ぐという意味でも、とくに35歳を超えた成人は必ず定期的な健康診断を受けるべきです。フリーランスの場合は健康診断が会社管理ではないので、私のように「不調があったから」というパターンで受けられる人が多いかもしれません。しかし何かあってからでは遅いので、早めの検査をおすすめします。

年1回、少なくとも隔年1回、カレンダーやリマインダーに登録して、同じ季節の恒例行事にしてしまえば受診忘れも防げますね!

ガン検診が無料で受けられる場合も

年齢等、さまざまな条件や制限はありますが、各市区町村によっては無料で診断を受けられる場合もあります。「(市区町村名) 健康診断 無料」などで検索して、あなたの町で無料で受けられるサービスを探してみましょう。

ちなみに私の住んでいる市では、事前予約をすればレントゲンもしくは内視鏡による胃がん検診が無料で受けられるようです。今回は急用だったので自腹で受けましたけどね!そういう意味でも、早めの検査が重要なのです。。。

混雑を避けるには1月~4月の冬期受診がおすすめ

病院での診察で何が一番辛いかといえば、待ち時間が非常に長いところでしょう。今回の私のケースは急だったので、診察、検査、待ち時間等トータルで丸4日も病院内で過ごすはめになりました。

何かがおこってからではなく、事前に予約をしてオフピークの受診を狙えば、待ち時間もぐっと減らすことができますし、希望の日程も組みやすく、急な変更にも対応してもらいやすくなります。オフピークを選択できるのはフリーランスならではの特権ですね!

混雑しない時期は1月~4月の寒い季節。とはいえ冬場は運動不足に陥りやすく、基礎体力も低下し、忘年・新年・歓送迎会などの飲み会も多いので血糖値やコレステロール値も通常値より悪く出る傾向があります。またインフルエンザのシーズンとも重なるので院内感染も心配ですよね。

そういった心配がある人は真夏(8月中)の検診もおすすめです。ただし体力が低下しているときの方が戒め効果はより高くなりますし、やはり冬のうちに健康診断をするのが一番ではないでしょうか。ではでは、お大事に~♪

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。