毎月これで3万円!お金が貯まらない人でも簡単に実践できる貯蓄法とは

読了目安[ 2 分 ]

なかなか思うように貯金が貯まらないと感じるサラリーマンは少なくないでしょう。
毎月の月初めには
「今月こそは○万円貯金するぞ!」
と考えているのに、いざ月末になれば銀行の残高は3桁になっている。

今月それほど多くの出費をした記憶もないのに、なぜか財布にも銀行にも全然お金がない!
と感じる人は実に多いものです。

貯蓄が苦手な人でもお金を貯めることができる!?

では、どうすれば貯蓄が苦手な人でもお金を貯めることができるのでしょうか。今回は貯金ができないと悩むあなたのために、必ずできる堅実な人の貯金方法をお話しします。
この方法が実践できれば、あなたは見事堅実にお金を貯められる人になることができます。
特に以前と大きな変化はないはずなのに、毎月の銀行預金額が1万円2万円と増えて行くのです。
貯蓄が貯まれば、さらにそのお金を増やすことも可能です。

貯蓄ができればそれを元手にさらに増やせる!?

数十年にも渡って貯蓄型保険で増やす方法もあれば、投資に踏み出すこともできるでしょう。
株主優待株であれば、3000万円の資金があれば、働くことなく生活をすることができると言われています。若いうちからコツコツとお金を貯めることで、このような生活を手に入れることも可能なのです。
ですから、しっかり次の貯蓄方法を実践してみて下さい。

貯蓄ができない人でも貯蓄ができる方法って?

それは、給料日の当日に決まった金額だけ貯蓄するという方法です。

なぜ、それで貯蓄がしっかりできるようになると言えるのでしょうか。
一般的に貯蓄が苦手な人はお金がある給料日に貯蓄するのではなく、1ヶ月後の給料日直前に残った金額を貯蓄しようと考えます。
しかし、元々無駄遣いに慣れてしまっている状態では、この方法は効果的ではありません。それよりもまず、給料から天引きで貯蓄することにより、使えるお金に上限を設定してしまうのです。
そのようにすれば、自然と普段の生活において無駄遣いが減っていきます。無駄遣いが減れば、さらに貯蓄に回せるお金が増えるというような好循環になるのです。
もちろん最初から月に数万円の貯蓄額を設定するのは現実味がありません。ですから最初は1万円から毎月2000円ずつ貯蓄額を大きくしていき、月に数万円の貯蓄額を達成して行きましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。