元・引っ越し屋が教える「ここだけの引っ越しテク4選」

1

読了目安[ 6 分 ]

急な転勤や、新生活の第一歩として避けては通れない道。それが「引っ越し」です。引っ越しと言っても時期、時間などでガラッと値段が変わるもの。言ってしまえば値段がないようなものです。

ということで今回は「追い込みまとめ編」ということで、これまでに公開した記事から、4つのポイントに絞りまとめてお送りいたします。

1.春の引越しは4月以降に実施セヨ

「大手引越し業者の繁忙期は2月中旬から5月のGW前まで続く場合が多いが、4月を過ぎると平日の料金が安くなりやすいので交渉次第では大きな値下げが期待できる。3月の終わりころは新人を連れた営業担当がくるため、新人に契約の場を見せるために値下げに応じやすくなる。

これが大体4月の後半まで続く。ただし、新人を連れているかどうかは営業担当が来てみないとわからないので、とりあえず平日で仏滅を選ぶと良いでしょう。」

2.引越し料金を把握セヨ

「料金交渉や何か相談したい場合など、以下の引越し料金の基本を把握した上で行うとよいでしょう。

*引越し料金内訳
引越し料金の内訳についてはどの業者も概ね以下のとおりです。
・荷物量によるトラックのサイズと人件費に基づいた料金
・資材費(ダンボール・養生など)
・時間指定の有無
・引越し先が階段3回以上かどうか(規模にかかわらず集合住宅である場合)
・引越し先が一軒家か集合住宅か

*トラックのサイズごとの基本的な引越し料金
トラック一台がいっぱいになった場合の引越しの料金はどの業者もほぼ同じくらいの料金設定がされていて、その料金が基準となると考えていいと思います。
以下の料金設定は朝一時間指定の場合です。基本はこの料金を元に考えます。

・2tショートトラック1台2名 : 100,000円前後
・2tロングトラック1台2名 : 150,000円前後
・3tトラック1台名 : 250,000円前後

計算は単純です。
2tショートトラックは一般的なサイズであれば約10立方メートル積みこむことができるので、1立方メートル1万円の計算です。
つまり3tトラックはショートとロングを合わせた25立方メートルの積み込みが可能です。

階段3階以下の場合は上記の人数が基本です。割引や割増は階段4階以上の作業であったり、トラックの台数と人数で変化します。」

3.荷物量がどんなに少なくても引越し会社を利用セヨ

「荷物量がどんなに少なくても自分でレンタカーを借りて引越しをするのはよくない。
本当に荷物量が少ない場合、見積もりに来た営業担当に「3万くらいあればレンタカーと食事代くらいでできるから悩んでます。」というようなことを言うと、本当に3万から3万5千くらいになる場合もある。

どちらにせよ、レンタカーのバンは普通車より料金が高く6時間くらい借りると1万円を超えることが多いが、引越し屋の料金の内訳を考えた時に2tショートだと大体1万2千から1万5千くらいなので、ガソリンの料金や自分で用意するダンボールやテープの料金を考えると結局引越し屋の方が安い。
さらにフリー便にすると交渉次第では2,3万でおさまる可能性が高いです。」

4.見積もりはネットや電話見積もりではなく、営業担当に見積もりセヨ

「業者によってはネット見積もりや電話見積もりというシステムがありますが、
この見積の形式では荷物はお客様の自己申告という形になります。
実際に営業担当が現場を見てトラックのサイズを図るという形式ではないため家具の種類やサイズからすでに決められている料金が加算されていき、その合計が引越し料金となります。

その際、ネット・電話見積もりの場合はお客様の自己申告制という特殊な状況のためダンボールが不足することが非常に多いです。
結果としてダンボールが足りず当日になって梱包が終わらないということが多々あるのですが、梱包が終わっていない場合は契約違反となりますし、基本的には箱に入っていないものを引越し屋さんは運んでくれません。

もし新品のダンボールを追加した場合は追加分のダンボールの料金が発生しますし、業者が梱包を手伝った場合は梱包料金というものが発生します。
これらのことから引越しは面倒ではありますがネットや電話での見積もりではなく営業担当に直接見に来てもらうということが必要です。

また、営業担当が直接見に来て見積もりをした場合は、営業担当とお客様の間で料金の駆け引きなども可能になるので規定の料金よりも安くなりやすいです。」

いかがでしょうか?

筆者もこの記事が上がる直前に引っ越しを行っておりましたが、何一つこのポイントが利用できていなかったため結果割高になっていることが執筆中に判明し若干の落ち込みを見せております。

これからお引越しを控えている皆様はぜひ賢く引っ越しを行っていただければと思います。

※今回のインタビューは基本的に単身引越し向けの話になります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。