子どもの習い事、充実のカリキュラムで自治体スポーツセンターがオススメ! 

1

読了目安[ 3 分 ]

■2つ以上掛け持ちするなら市町村のスポーツセンターがおすすめ
子供が大きくなってきたので、いよいよ習い事をさせたい。そんな風に思っているお母さんは多いかと思います。

しかし、気になるのがコスト。内容にもよりますが習い事の相場は月5,000~1万円程度のものが多く、2つ、3つと掛け持ちすると考えると毎月の家計に大きく響いてきます。そんな時は、区・市町村が運営しているスポーツセンターを利用しましょう。

■スポーツセンターでもいろいろな用途・タイプの習い事が選べる
1. 教室タイプ
私が住んでいる地域の近くにあるスポーツセンターには、2つのタイプの教室があります。

一つは「子供スポーツ教室」というもので、赤ちゃんから幼児、小学生向けと年齢で段階分けして、キッズサッカーやバレエ、また、空手やダンスなどを教えるものです。金額的には一回500円、または月3,500~5,000円など相場に比べると安いものです。

2. 家庭教師タイプ
もう一つは「子供体育家庭教師」というもので、例えばプールを子供に専任で教えてくれるというものがあります。うちの子はこっちのコースに出ていて、このコースでクロールを覚えることができました。プールのほかには、鉄棒やなわとびなど、習い事の教室ではあまり教えてくれないことも科目に入っているのがいいですね。ただ、コストは多少高くなり、6,000~1万円程度になることが多いようです。

■コストと同時に、子供の性格を考慮に入れよう
場所にもよるでしょうが、スポーツセンターは普通の習い事よりも、おおらかで、みんなで楽しく行うという趣旨のものが多いように思えます。うちの場合は、コスト面ももちろんですが、子供の性格的に穏やかで、争うことがあまり好きではないので、スポーツセンターの雰囲気が気に入ったようで、ずっと続けられています。ご自身のお子さんの性格などを考慮にいれてもいいかもしれません。

■お住まいのスポーツセンターの習い事を調べよう
ただ、こういったところはあまり宣伝していませんので、積極的にインターネットなどで検索することをお勧めします。うちのように、場所によっては一度メルマガ登録をしておくと、新しいカリキュラムが出てきたときにすぐに教えてくれたりしますので、そういったものも活用しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。