ふるさと納税で損をしない!今すぐしたいあなたが取るべき1つの行動とは?

1

読了目安[ 3 分 ]

ふるさと納税は地域に寄付を行うことで、特産品がもらえる非常にお得な制度と言えます。今ではふるさと納税セミナーというのも開催されるほど、注目を集め、実践している人も増えています。

しかし、ふるさと納税で全ての人がメリットを受けられるのか?と聞かれればイエスと答えることはできません。というのもメリットばかりが強調されるふるさと納税にも、デメリットが存在するからです。
そこで今回はふるさと納税で失敗したくないあなたのために必ず確認しておきたいふるさと納税のデメリットについてお話します。
この話を知っておくとふるさと納税で最大限メリットを受けられるのは言うまでもありません。
彼を知り己を知れば百戦殆うからずとの言葉にもあるように、メリットとデメリットの両方を把握した上で、ふるさと納税を実践すれば余計な心配をする必要がなくなります。
後は淡々と手続きを終えれば、あなたはふるさと納税で大きなメリットを受けられるのです。
ですからふるさと納税のデメリットもしっかりと把握してください。

それは、低所得者にはふるさと納税のメリットがそれほど大きくないということです。
なぜ低所得者にはメリットがあまりないのか?と思われたかもしれません。というのもふるさと納税は税金の控除が成り立って始めてお得と言える制度になります。
しかし、元々国に収めている税金額が小さければ小さいほど、ふるさと納税による控除も小さくなるのです。もちろん年収だけでなく家族構成にも依存します。
子どもがいる家庭ほど支払う税金は少ないので、当然ふるさと納税による控除額も小さくなります。控除額が小さくなるということは寄付金額が小さくなるため、ふるさと納税を行える地域数も少なくなります。
ですから損をしないためにも、実際にふるさと納税で控除される税金額について事前に調べておかなければならないのです。今やふるさと納税の上限額シミュレータはネットにいくらでもあります。
ぜひ一度シミュレータで自分の上限額を調べてもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。