男性は意外と損している!?引越しにまつわるアンケート調査

読了目安[ 3 分 ]

進学や就職など、新しい自分の人生が始まる季節。それが4月です。出逢いや別れを経験してこそ、大人に一歩近づくというものです。それにともなって、新しい生活環境へ引越しされるという方も多いのではないでしょうか。

生まれ育った町を離れ、見知らぬ都会で一念発起と意気込んでいる方を対象にして、マネーゴーランドではアンケートを実施。

引越しについての意識調査を行なってみることにしました。そこで判明したさまざまなインフォメーションを解析して、独自のお得なキーワードを発見してみたのでぜひご参考にしてみてください。

未婚者は準備が遅くなる傾向あり

最初のアンケートは『引越しの準備期間』。

具体的には、「引越し業者を選び始めるまでどれくらいかかったのか?」について、既婚(配偶者・子供有)/未婚(単身者)それぞれにアンケートを行いました。

どちらも、「1ヶ月以上~2ヶ月未満」が最も多かった回答でした。

ここで注目したいのは、「1週間以上~2週間未満」と答えた人の割合です。

既婚者は16.2%と、3番目に多かった答えだったのに対して、未婚者の場合は25.4%で、2番目に多い回答でした。

奥さんや子供がいなくて、自分の都合で動ける未婚者は、引越しに対してどうやら腰が重いようです。

既婚(配偶者・子供有)アンケート結果

未婚(単身者)

やっぱり女性は現実的

次に、未婚者に限定して、男女別でアンケートを集計してみました。設問は、上記と同様に「引越しの準備期間」についてです。

男性の「引越しの準備期間」

女性の「引越しの準備期間」

するとどうでしょう?男性と女性では、引越しに対する意識がだいぶ違っていることが分かります。

男性で一番多かった回答が「1週間以上~2週間未満」だったのに対し、女性で一番多かったのは「1ヶ月以上~2ヶ月未満」という回答でした。

つまり、女性の方が早い段階から、引越しという面倒な現実をきちんと見つめて、冷静に対処していることが分かります。それに比べると男性は、つい面倒だからと後回しにしている傾向があるようです。

早く準備するほどトクをする

つい面倒で後まわしになりがちな引越しの準備。

しかし、早めに日程を組んで、引越し業者を選べば、早割で料金が安くなったり、繁忙期でもきちんと対応してくれたりと、いろいろなメリットが用意されています。

さらに、日程に余裕があれば、各業者の見積りを比較検討することもできます。日にちをほんの少しずらすだけで料金が大きく変わることもあるので、やはり時間に余裕があるほどお得になるケースが多いのも事実です。

その点、しっかり者の奥様がいるご家庭や、物事に現実的な女性の方が上手に引越しをされているようです。

男性のみなさん、引越しはどうせいつかやらなければならないもの。そんな現実に早くから向き合うことが、お得への近道と言えそうですよ。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,500名)

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。