どの株を買えば良いかわからない!少額で日本の株をまとめて買う方法

読了目安[ 4 分 ]

株を買うときに、まず考えなければならないのは「何を買うか」です。ところが、個人投資家が買える銘柄は3000以上もあって、なかなか選べません……。

特に日本全体の株価が下がっているときは、今が株を買うチャンスだとわかっていても、何を買って良いかわからない人も多いでしょう。

そんなときは、日本の株を全部買ってみるのも良いかもしれません。「そんなことできるの?」と思ったあなた。できるんです。数万円から数十万円で買えます。

その方法とは、「ETF」と「投資信託」です。

今回は、少ない金額で日本の株を全部まとめて買える「ETF」と「投資信託」の概要をお話します。

ETFとは

日本の株を全部、お手頃な金額で買うことができるのが“ETF”です。

ETFとは「上場株式投資信託」のこと。名前のとおり投資信託の一種で、価格が特定の指数に連動するように運用されます。

例えば、TOPIX(東証株価指数)に連動するETFは、投資家からお金を集めて作った“ファンド”の資金で、東京証券取引所第一部に上場している全部の銘柄を買います。TOPIXは東証一部上場に上場している全銘柄の平均株価ですから、全部を買えば値動きがTOPIXと連動するわけです。

日経平均株価(日経225)に連動するETFもあります。日経平均株価は、東証一部に上場している銘柄のうち代表的な225銘柄の平均株価なので、日経平均株価に連動するETFを買うということは、日本の代表的な225銘柄すべてを買うということになります。

ETFは、TOPIXや日経平均株価以外の指数に連動するものもたくさんあります。自動車・輸送機器、運輸・物流、医薬品、機械などの業種別ETFや、米国、欧州、中国など海外の株を対象とするETFなどです。

例えば、「将来有望だと思う業種のETFを買う」とか「米国の株に投資したいけど銘柄が選べないので米国の株価指数に連動するETFを買う」といったことも考えられます。

株そのものを数万円から数十万円で買うとすると、1銘柄から数銘柄しか買えませんが、ETFなら1万円程度でも多くの銘柄に分散投資することになるので、そのうちのいくつかが大きく値下がりしても、ETFとしての値下がりは抑えられというのもメリットです。

ETFは投資信託ですが、証券取引所に上場していて、株と同じやり方で売買します。証券会社に口座を開設し、買う・売るという注文を証券取引所に取り次いでもらうという流れです。ETFはNISA(少額投資非課税制度)で利用することもできます。そうすると、売却益や分配金は非課税になります。

投資信託とは

投資家から集めたお金をまとめて“ファンド”を作り、それを運用の専門家であるファンドマネージャーという人が運用する仕組みです。

「どこ」の「何」で「どのように」運用するかは、ファンドごとにあらかじめ決まっており、「どこ」「何」「どのように」の組み合わせで、いろいろなタイプのファンドができます。

「どこ」に投資して運用するのか

このうち、「どこ」は、日本、先進国、新興国、米国、欧州など、運用する対象がどこにあるかを示します。

「何」に投資して運用するのか

「何」はおもに、株、債券、不動産です。

「どのように」に投資して運用するのか

「どのように」は、株価指数などに値動きが連動するように運用するインデックス運用と、インデックスを上回るリターンを目指すアクティブ運用の2つに分かれます。

「インデックス」ファンドとは

ファンドのうち、「日本」の「株」に投資する「インデックス」ファンドは、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価(日経225)と値動きが連動するように運用されます。つまり、TOPIXや日経平均に連動するETFと同じように、そのファンドを買えば、TOPIXや日経平均を構成している全銘柄に投資することになるわけです。

インデックスファンドとETFは、投資対象や運用の仕方はほぼ同じですが、異なる点もあります。

インデックスファンドとETFで異なる点

購入できる金融機関

ETFは株と同じやり方で取引するので、証券会社でなければ売買できません。一方、インデックスファンドは証券会社でも銀行でも扱っています。

価格の決まり方

ETFは株と同様、証券取引所の取引時間中は刻々と価格が変わるので、同じ日に買ってもタイミングによって価格が異なります。インデックスファンドは、証券取引所の取引終了後に算出される基準価額で売買します。価格は1日1回決まるので、買った日が同じなら購入価格も同じになります。

購入金額

ETFはその時々の価格で売買します。インデックスファンドも毎日価格が変わりますが、例えば「1万円分」という形で金額を指定して買える金融機関が多くなっています。

積立ができるかどうか

多くの金融機関では投資信託の積立ができるので、インデックスファンドも毎月一定額で積立購入ができます。ETFの積立は、「株式累積投資」ができる証券会社に限られます。

手数料

ETFは運用にかかる手数料がインデックスファンドより低くなっています。売買手数料は証券会社によって異なります。インデックスファンドは買うときに販売手数料がかかることがありますが、販売手数料がかからないノーロードとよばれるファンドもたくさんあります。

このように、ETFとインデックスファンドにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、運用する資金の目的や金額に合わせて使い分けるとよいでしょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。