信用取引と現物取引、私に向いている取引はどっち?

読了目安[ 2 分 ]

株式投資を始めたいと考える人は現物取引と信用取引とどちらがいいのか?と悩む方も少なくないでしょう。

現物取引とは自分が持っている資産のみで投資を行うことを指し、信用取引は自分が持っている現金や株を担保として自分の資産以上の金額を動かすことができます。
それぞれメリット、デメリットが存在しますが、どのような人には現物取引が合っているのでしょうか。また、どのような人には信用取引が合っているのでしょうか。それぞれの特徴を見て行きましょう。

動かせる金額

信用取引の大きな特徴の一つとして、動かせる金額の大きさにあります。自分を信用してもらって現金や株を動かすので、借金のようであまり良いイメージは持てないかもしれません。
しかし、信用取引では、自分の資産の最大3倍の金額を動かすことができるので、トレードが上手く行けば得られるリターンも大きいと言えるでしょう。

株の売買

現物取引であれば、株を買うしか方法がありませんが、信用取引であれば空売りで利益を出すこともできます。空売りとは自分が持っていない株を一時的に借りて、後で借りた株を買い戻すという方法です。
つまり、株価が高いときに売っておいて、株価が下がったときに買い戻せば、その差額だけ利益を得られるという方法なのです。

手数料

さて信用取引で考えられる一つのデメリットがこの手数料です。現物取引であれば取引にかかる約定手数料のみですが、信用取引には株や現金を借りている以上金利が発生します。
当然長期的に借りるほど、金利も大きくなるため、長期的に信用取引で借りるのはあまり賢い選択肢とは言えなさそうです。

リスク

最後にリスクについてです。現物取引は自分の資産以上に現金を失うことはありません。しかし、信用取引は自分の資産の3倍以上の金額を運用しているため、自分の資産以上の損を出すことも考えられます。信用取引においては、リスクヘッジも十分にしておくことを忘れてはいけないと言えるでしょう。

いかがだったでしょうか。これらのことから短期的にトレードを繰り返す人であれば信用取引もいいですが、長期的にインカムゲインを狙う人には信用取引は向かないと言えるでしょう。
それぞれのリスク管理をしながら株式投資してもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。