あなたにあった投資スタイルを選ぼう! 初心者の方は「スイングトレード」

2

読了目安[ 3 分 ]

今回は、「短期取引」「長期取引」の2つに分けて、投資スタイルの特徴、利益の出し方などのポイントを挙げ比較していきます。

1日の取引時間の確保がしやすく毎日取引でき、値動きの分析に割ける時間が十分にある方は「短期取引」向き。いわゆる「スキャルピング」または「デイトレード」。仕事、学業、子育てなどの都合で取引時間が確保しづらい方、また値動きの分析に割ける時間が取れない方は「長期取引」向き。いわゆる「スイングトレード」。

■「短期取引」は、小さな値幅の中で利益を狙う
「短期取引」には、数秒〜数十秒程度で取引を完結させる「スキャルピング」と、1日のうちに取引を完結させる「デイトレード」があります。小さな値幅の中で利益を得るためには、テクニカル分析を用いることはもちろん、瞬時に売買を判断する必要もあるので、上級者向き。また、利益を着実に積み上げるためのポイントとしては4つ挙げられます。
1.レバレッジを活用し、利益最大化
2.損切りを徹底し、損失最小化
3.スプレッドの小さい会社を選び、取引コスト最小化
4.値幅が大きい通貨を選択し、チャンス狙い
「長期取引」と比べた際の、「短期取引」のメリットとしては、1日未満でポジションを決済するため、寝ている間に急落するなどのリスクが防げます。

■「長期取引」は、トレンド見極め売却益狙いとスワップポイント積み上げ
「長期取引」は、数日、数ヶ月、年単位でポジションを保有する取引スタイルで、「スイングトレード」と呼ばれます。短期取引よりも長い期間、ポジションを保有するので、トレンドを見極めて取引する必要があります。経済指標やニュースをもとに、世界情勢を把握しうまくトレンドに乗っていきたいところ。
「短期取引」と比べた際の、メリットとしては、スワップポイントの獲得が挙げられます。スワップポイントは、通貨間の金利差が、ポジションを持った日数に応じて支払われます。豪ドルやNZドルなどの金利が高い通貨を買って持ち続ければ、コツコツと利益が積み上がります。
デメリットとしては、チャイナショック、紛争などの地政学リスク等により為替レートが急変した場合には対応しづらさが挙げられます。損切りラインを決めておきリスクへ備えることが必須。

ポジションを持つ期間によってメリット・デメリットがあるので、あなたにあった取引スタイルを選びましょう。初心者の方は、「スイングトレード」を推奨します。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。