【実践セヨ!】伝説の引越しマンから学ぶ、引越しマスターへの道~上級編~

読了目安[ 6 分 ]

マネーゴーランド編集部が長年引越し業界で働いた伝説の引越しマン・H氏に独自のインタビューを行い、そこで教えて貰った、引越しする上で「絶対に実践したいポイント」を紹介するこのコーナー。

初級編中級編を読まれてきた方はもう既に引越しのウンチクを誰かに話したくなっているのではないでしょうか!?
今回はいよいよ上級編です!これであなたも引越しマスターになれるかもしれません!それではどうぞ!

1.格安の引越し会社の場合、画像検索をセヨ
「安い業者を見つけた時の安心できるかどうか判断する方法として、業者の名前で画像検索する、という方法がある。検索して出てきたトラックが見たことのあるものであればとりあえずは安心できると考えていいでしょう。

もちろん全ての会社に当てはまるわけではないですが、あまりにも見たことがないトラック=依頼が少なくあまり街を走っていないとも言えます。実際にお客様から「見たことが無いところに依頼してあまりにも酷かったからあなたのところでやり直して欲しい」と言われたことがあります。」

2.引越し料金を把握セヨ
「料金交渉や何か相談したい場合など、以下の引越し料金の基本を把握した上で行うとよいでしょう。

*引越し料金内訳
引越し料金の内訳についてはどの業者も概ね以下のとおりです。
・荷物量によるトラックのサイズと人件費に基づいた料金
・資材費(ダンボール・養生など)
・時間指定の有無
・引越し先が階段3回以上かどうか(規模にかかわらず集合住宅である場合)
・引越し先が一軒家か集合住宅か

*トラックのサイズごとの基本的な引越し料金
トラック一台がいっぱいになった場合の引越しの料金はどの業者もほぼ同じくらいの料金設定がされていて、その料金が基準となると考えていいと思います。
以下の料金設定は朝一時間指定の場合です。基本はこの料金を元に考えます。

・2tショートトラック1台2名 : 100,000円前後
・2tロングトラック1台2名 : 150,000円前後
・3tトラック1台名 : 250,000円前後

計算は単純です。
2tショートトラックは一般的なサイズであれば約10立方メートル積みこむことができるので、1立方メートル1万円の計算です。
つまり3tトラックはショートとロングを合わせた25立方メートルの積み込みが可能です。

階段3階以下の場合は上記の人数が基本です。割引や割増は階段4階以上の作業であったり、トラックの台数と人数で変化します。」

3.できる営業、できない営業を見極メヨ
「繁忙期は運が良ければ営業成績のあまりよくない営業担当が見積もりに来ることがある。通常時期でも繁忙期でも、成績の良くない営業担当は件数を取るために値引き交渉に応じやすい。
以下、一般的に業界内(特に現場リーダー達の中)で言われている「できる営業・できない営業の見分け方」をご紹介しましょう。

・営業担当の見分け方1.
携帯電話が鳴る回数が多い営業担当は売れている営業マンなのでほとんどの場合値引きはしてくれない。
営業成績に困っていないし、成績のよい営業マンら現場の人からの信頼を下げたくないので値引きしてまで契約を取ろうとせず競合を紹介する場合さえある。

・営業担当の見分け方2.
成績不振の営業担当はとりあえずカバンが大きい。またスーツのポケットに色々入っているので膨らんでいる。何故かこのような営業担当は成績が良くない人に多いです。

・営業担当の見分け方3.
調子のいい感じの人は成績も悪くないし値引きもしてくれるが、現場担当とはあまり仲がよくないので、現場と営業のコミュニケーションがうまく取れてなく、引越し時に思いもよらないアクシデントが起きやすい。
ただこれはなかなかお客様から見極めるのは難しいですね。(笑)

・営業担当の見分け方4.
車のダッシュボードに書類が散らばっている営業担当は売上が低い。

・営業担当の見分け方5.
車の後部座席に大量の新品ダンボールが積まれている。朝は誰でも大量に積まれているが、昼過ぎにもたくさん積まれている場合は契約が取れていない証拠です。」

4.納得ができないことがあった場合、クレームは本社に直接入レヨ
「社名は出せませんが、ある大手引越し会社Aの場合、本社が極端にクレームを嫌うので多少理不尽でも値下げに応じることが多いのです。
過去の事例ですが、大阪から都心への引越し4tトラック5台分で荷物の梱包と開梱が全て行うパック料金の引越しが、通常100万は超えそうなところ19万になったので大赤字に。

理由は本社へのクレームで作業員が気に入らないから19万に値下げしろという電話があり、本社がそれを了承した為です。
この例は極端な事例ですが、もしどうしても納得いかない場合は本社にクレームを入れると値下げなどの対応に応じてくれるかもしれません。ただあまりに理不尽なクレームの場合、クレーマーとして扱われその後どのような対応をされるのかは分かりませんので、クレームを入れる場合は自己責任でお願いします。(笑)」

いかがでしたでしょうか?
上級編はなかなかインパクトの大きい話や、正直耳を疑う話が出てきましたね。

初級編、中級編、上級編と、3回に渡りお送りしましたが、全て読まれた方は今後上手に引越しができることと思います。自分のケースに置き換えて、実践できることは是非実践してみてください。
何かとお金がかかる引越し。事前に知識を備えて、賢く安く済ませましょう!

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。