文章の執筆者必見!確実にアクセスが集まる記事を書く方法とは

1

読了目安[ 3 分 ]

近頃クラウドソーシングを利用した文章を書く仕事が急増しています。アクセスの集まる良い文章が書ければ、あなたの報酬はみるみる上がっていきます。

周りに記事の執筆で稼いでいる人がまだまだ少ないため、クラウドソーシングでお小遣い稼ぎということに実感が湧かないかもしれません。しかし、記事の執筆のような誰にでもできる仕事であっても月収で20万円を超えている人がいることも事実です。
それほど大きな報酬を得るためには、どれだけたくさんの記事を書くのだろうと疑問に思われるでしょう。確かに、そのような人は毎日のように記事を書いていることは間違いありません。
しかし、それ以上に質のいい記事を書くことに妥協をしません。質のいい記事を書くことができれば1記事あたりの報酬も増えます。1記事の報酬が増えれば、より短い時間でお金を稼ぐことができるのです。
そうすれば時間のないサラリーマンや子育てをしている主婦でも立派な副業になります。月に5万円の副収入も可能です。

では、アクセスの集まる記事とはどのような記事なのでしょうか。
それは、記事を読む人の疑問を解決する記事だということです。
どういうことだ?と思われるかもしれません。
例えば、タイトルが「春先に使える便利グッズ10選」というタイトルであれば、読者は便利グッズが何なのかという疑問を持ちます。
それなのに内容が花見の絶好スポットが紹介されていても読者の疑問は解決されません。上のようなタイトルであれば必ず便利グッズを紹介し、読者の疑問を解決させてあげないといけないのです。

一見当たり前のようにも感じることですが、意識して文章を書いている人は少ないのではないでしょうか。
このような記事を書くためには、始めから記事に書く内容を決めておく必要があります。
読者に最も伝えたい内容を用意しておいて、それに沿って記事を書いていると、自然と文章の内容がまとまってきます。
文章の内容がまとまると読者の疑問が解決される記事になり、アクセスアップも見込めるのです。
ぜひとも始めに伝える内容を決め、読者の疑問を解決する記事を心がけていただけたらと思います。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。