卒業旅行がラグジュアリーに!いつものメンバーでコンドミニアム

2

読了目安[ 3 分 ]

旅行に行くならホテル選びはとっても大切。
内装やサービスが良かったり、人気&高級ホテルというだけでテンションがあがりますね。

でも、それだけの要素があると宿泊費も結構なもの。泣く泣くグレードダウンなんて経験、ありませんか?次の旅行は少し視点を変えてみて、コンドミニアムに宿泊なんていかがでしょう?あまり馴染みのない言葉ですが、知らないで損だった!という情報盛りだくさんです。次の旅行、コンドミニアムはいかがでしょう。

1、コンドミニアムとは?
簡単に例えるなら、キッチン付きで広いお部屋のホテルといったところでしょうか。分譲マンションをイメージされても良いと思います。リビングやダイニング、寝室にキッチン、バスルームと、ファミリータイプのマンションや戸建てのような設備が、ホテル級のもので用意されている宿泊施設です。

2、コンドミニアムだからこその贅沢!
キッチン設備がついているので、「食事は自分たちで用意しないといけないんでしょ?」と思われがちですが、食事つきプランを用意しているところもあります。しかも、充実した設備を活かした提供方法のところもあるんです。

(例)沖縄:ユナイテッドリゾート読谷/1日1組限定、夕食はシェフがお部屋で調理プラン
2LDKで90平米という、ホテルのデラックススイートのような広さのお部屋に宿泊でき、さらに夕食はシェフがお部屋まで来て、和牛フォアグラフルコースを提供してくれるという、贅沢の限りを尽くしたようなプラン。大人4人、1泊2日で50,000円。1人当たり12,500円とかなりお安いです!この広さで食事付きのホテルを沖縄で探すと、プレミアムスイート朝食付きプランが約60,000円(大人4人)でした。夕食にコース料理となると、さらにお値段は跳ね上がりそうです。

3、コンドミニアムでの楽しみ方3選!
・現地の食材でクッキングパーティー
お値段の例では沖縄をご紹介しましたが、沖縄や箱根や軽井沢、北海道などの国内リゾート地、さらにはハワイなどの海外にもコンドミニアムはありますから、現地の珍しい食材でお料理を楽しむのも素敵ですよね。

・オーシャンビューや森林浴をテラスで
コンドミニアムには、広いテラスやバルコニーがついていることも。海沿いの建物なら、お部屋からオーシャンビューを望むことができますし、山地であれば森林浴で心も体もリフレッシュできます。観光地を急ぎ足で巡る旅行とは違い、大人の余裕ある、贅沢な非日常空間です。

・現地に住むように滞在
コンドミニアムの良いところは、家電や食器など住環境や設備が整っているところ。その街の住人のように、現地で人気のものを堪能しつつ、お部屋でのんびり読書をしつつと、本当にそこで暮らしているかのような体験ができるのも魅力的です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。