新築?中古リフォーム? 本当にオトクな家選びを徹底検証

1

読了目安[ 3 分 ]

人生で一番高いお買い物である住宅。絶対に失敗したくないからこそ、入念に調べておきたいもの。お金さえあれば立地のいい場所に自分の家を建てたいけれど、なかなか難しいという方がほとんどです。譲れないものは人それぞれ。

そこで今回は、新築と中古リフォームの住宅を徹底比較して、あなたにとってどちらがオトクなのか、参考にしていただければと思います。

1. エリアで異なる新築VS中古の価格
やはり気になる住宅価格。新築と中古ではやはり中古のほうが割安と言えます。その差は、都心でだいたい1,000万円、郊外で1,500万円以上です。東京都の人気エリアでは新築の相場がおよそ8,000万円とかなりの金額が必要になります。

2. 新築と中古の住宅ローンの価格比較
住宅ローンの上で見てみると、中古物件の場合、借入期間が新築物件と比べて短くなるという場合もあるようです。中古であるため、建物の耐久性などが考慮されるようで、たとえば3,000万円のローンを10年短く返済した場合、毎月およそ12万円の返済が15万円となり、返済金額で家計を圧迫してしまうということも。

3. 新築と中古の諸費用も比較
新築の場合にかかる費用と中古物件の場合にかかる費用についても比較してみましょう。新築の場合は修繕積み立て基金の金額が30万円発生し、中古物件の場合は仲介手数料がおよそ90万円かかります。その差60万円。やはり、中古物件の場合の諸費用のほうが高くかかるようです。

4. 費用で選ぶか手間を惜しむかで新築と中古物件を比較
中古物件の場合、大規模なリフォームをしても、新築住宅購入より安く済むケースが多い反面、2か月以上も工期がかかるというデメリットもあります。いいリフォーム会社を探したり、リフォーム期間の仮のお住まいも考えたりと意外に手間はかかるもの。それに、ローン審査も新築に比べて厳しいというのも現状です。
新築の場合は、中古と比較するとローンが借りやすく、資金計画や購入の手間も比較的楽と言えるでしょう。

このように、断然割安なのは中古物件ですが、住宅ローンや諸費用、リフォームの手間などの面では、新築に軍配が。どちらがお得か?は甲乙つけがたいといったところ。どの点を譲るのかよく検討してみて下さい。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。