差額ベッド代は、自分が納得できない場合は払わない

読了目安[ 2 分 ]

「入院をしたら差額ベッド代を取られて高額になってしまった。」

こんな話を聞いたことはありませんか?入院費を左右すると言っても過言ではない「差額ベッド代」。

これを使うか使わないかによって入院費が大きく変わってしまうのです。

差額ベッド代とは

健康保険の適用対象外で全額自己負担しなければならない病室の費用のことです。

個室だけではなく、基本的には1人~4人の部屋に入院した時にかかる費用となります。この差額ベッド代が必要な病室を「特別療養環境室(特別室)」といい、差額ベッド代の自己負担金額は、1日平均約6,000円。支払いが高額になることは必須です。

差額ベッド代がかかるケース

同意書にサインをした時と、患者が自ら希望した時です。

特別室に入院する場合は、別途料金がかかるので同意書にサインをします。よくあるのが、緊急で入院をした場合で、「大部屋は満室だから、特別室しか空いていない」というケース。緊急のため、とにかく同意書にサインをして後で差額ベッド代を請求されるというもの。特別室はお金がかかるからという理由で同意しないと「病室に空きがないので、他の病院へ行ってください」と言われるかもしれません。

差額ベッド代を払いたくない場合は

差額ベッド代を払いたくないときは同意書にサインをする前に「経済的に余裕がありません。」とか「大部屋を希望します。」と病院側に相談をすることです。そうすれば最初は特別室かもしれませんが、大部屋が空いたら変えてくれます。また、緊急時などは、とりあえず同意書にサインをしてサインの横に「大部屋を希望」と書いておくことです。後日トラブルになった時に証拠となります。

医療機関が差額ベッド代を請求してはいけないケース

次に差額ベッド代を医療機関が請求してはいけないケースを下記に列挙します。

  1. 書面での同意がない場合
  2. 治療上の必要により特別室に入院をさせる場合
  3. 救急患者や手術後、感染症など
  4. 病院側の都合により特別室に入院をさせた場合で実質的に患者の選択によらないとき

上記のように救急車で運ばれて入院した時や病院が「大部屋に空きがない」と言う理由で特別室に入院した時は、差額ベッド代は支払う必要がないのです。

請求書を見て差額ベッド代に初めて気付いた時

また、請求書をみて差額ベッド代に初めて気づいたときは、病院側と話をしてください。

いくら同意書にサインがあるからといってきちんと説明を受けていないのであれば、病院側としては説明義務違反となります。つまり支払う必要がないのです。このような差額ベッド代のトラブルになった場合は、健康保険の窓口に相談をすることをお勧めします。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。