web記事ライターの新常識!読みやすい文章を書くためのコツとは?

1

読了目安[ 3 分 ]

一昔前、新聞は世間の情報を知るためには必要不可欠なものでした。毎朝、父親が椅子に座って、顔が隠れるほど新聞を全面に広げて読んでいたことを覚えている人も多いでしょう。

時代は少し流れて、最近は新聞の代わりとしてwebから情報を得ることも多くなりました。一度webで検索をかけるだけで、自分の知りたい情報を簡単に手に入れることができるようになったのです。

web記事を読む人の増加に伴い、web記事を執筆する人も増えました。彼らは毎日、自分の情報を必要としてくれる人のために、パソコンを目の前にカタカタと文字を打ち込んでいるのです。

しかし、あまりにもweb記事の執筆を行う人が急激に増えたため、文章の執筆を右も左もわからないような人が書いていることも事実です。今回はそのような人のために、知って得する、記事執筆の大原則についてお話しします。

この大原則を知っていれば、あなたの記事の読者が急増するでしょう。一度記事を書けば、アクセスは次々に伸びていき、報酬も右肩上がりに増えていくでしょう。ライターとして企業から個別にオファーがあるかもしれませんし、アフィリエイトなどで自分1人でも十分に稼げる収入を得ることもできるでしょう。この大原則を知ることで、上記のことが実際に起こり得るのです。ですからしっかりと目を通してください。

それは、文章を10歳児にもわかるように執筆するということです。

当たり前じゃないか?と思われたかもしれません。しかし、意外とできていない人が多いのです。

例えばビジネスマンで日ごろからよく使うような言葉はたくさんあります。受理、アポ、直帰、ロジカルシンキング、など10歳児には全く理解できません。わかりやすい文章を書こうと考えていても、自分の日常会話から外れられず、ついついわかりにくい言葉を使ってしまうことも多いのです。

このような読み手にわからない言葉は、文章を読んでいるだけでストレスになります。読み手にストレスを与えてしまうと、すぐにページのバツボタンを押されて、読まれなくなってしまうのです。そのようにならないためにも、わかりやすい言葉を使うことを意識しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。