失敗しない株を下げない、ホワイトデーのマネープラン!

読了目安[ 3 分 ]

この週末はどのように過ごされますか。気になる映画を観に?目前に迫った確定申告の準備!いいえ、男性の皆さん、大切なことを忘れてはいませんか。

週明けの月曜日、3月14日は『ホワイトデー』ですよ。ぜひこの週末はホワイトデーのプレゼントの準備をしてみてください。そこで「バレンタインデーに関するアンケート」調査から、失敗しないホワイトデーのマネープランをご紹介します!

サプライズは起こさなくていい!?

本来プレゼントは品物とともに相手に対しての気持ち、そして「サプライズ」を贈るものです。この「サプライズ」とは喜怒哀楽におけるギャップの大きさによって生まれます。予期せぬ出来事よる感情のギャップが、ビックリしたり喜んだりする「サプライズ」になるのです。

しかし、ホワイトデーはどうでしょう。プレゼントを贈られた相手へのお返しをする日、日程も3月14日と決まっているので、元々この「サプライズ」を生み出しにくいのです。さらに”ホワイトデーは3倍返し”などという都市伝説もあるので、男性のハードルはまずます上がり、「マイナスのギャップ」が生じホワイトデーで株を下げてしまう男性が生まれてしまうのです。つまり、「サプライズ」を起こすのではなく喜怒哀楽の「マイナスのギャップ」を生み出さないことが、あなたの株を上げ、感謝の気持ちを伝える一番の方法なのです。

贈られたプレゼントの金額を思い出す

では「マイナスのギャップ」を生み出さないためには何をすればいいのか。それは「アズ イズ」、つまり現状を把握することです。アンケート調査によると、女性がバレンタインにかけるプレゼント代金は、1,000円~5,000円未満(49%)がいちばん多く、次いで1,000円未満(29%)、お金はかけない(10%)という順番になりました。ちなみに5,000円~1万円未満と答えた女性は9%も存在します。「マイナスのギャップ」を生まないために、あなたが贈られたプレゼントの金額はいくらなのかをしっかりと把握してください。

ホワイトデーは3倍返しは都市伝説

現状把握をしたら、次はプレゼントを準備しましょう。「ギャップが大きければサプライズになるなら、派手なお返しにすればいい!」「バレンタインの3倍返しをすればいい!」と思われがちですが、現状は違うようです。

アンケート調査による女性が男性からもらったホワイトデーのお返し総額は、1,000円~5,000円未満(37%)がいちばん多く、”ホワイトデーは3倍返し”という現象は見られません。そしてもっと注目したいのは、お返しをもらっていないと答えた女性が23%もいるという事実。3倍どころか、1円ももらっていない女性が約2割も存在しているのです。

3倍どころか等倍のお返しすらもらえない女性が多いという衝撃の事実。きちんとプレゼントの現状把握をしマイナスのギャップを生み出さないよう配慮し、贈られた相手への感謝の気持ちを込めてプレゼントを準備することが何より失敗しない、株を下げないホワイトデーのマネープランなのです。みなさんもたくさんのサプライズを起こして、ホワイトデーという1日をぜひ楽しんでください。


※上記集計は2015年12月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の女性、回答数960名)また、ホワイトデーのお返し総額はもらった女性が独自に金額を想定し判断した金額となります。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。