電力自由化で家計がラクに?価格競争が始まる4月を見逃さないために知っておくべきこととは

1

読了目安[ 3 分 ]

2016年4月から「電力自由化」が始まります。しかし、今まで地方の電力会社から電気を買っており、突然電力自由化と言われても一体何が変わるのかわからない!という人も多いと思います。

そこで、今回はそのようなあなたのために電力自由化によって、あなたの生活はどのように変化するのか?ということについてお話したいと思います。
面倒だと感じているかもしれませんが、電力自由化について正しく知識をつけておいて損はありません。というのも、場合によってはあなたの毎月支払っている電気代を安く抑えることができるからです。
それでは電力自由化で、なぜ料金が安くなるのかを見てみましょう。

これまで、電気は東京電力や関西電力といった地方の電力会社が私たちに販売していました。しかし、4月からはこのような電力会社だけでなく、ケータイ会社やガス会社、さらには航空会社までもが電力を販売することができるのです。
つまり、簡単に言えば、“誰もが電力を売ることができる”ということが電力自由化なのです。電気を販売する企業が増えれば、私たちはどこの企業から電気を買うことができるのか選ぶことができます。
例えば、月の電気代が安くなる会社を選ぶのも良し、ガスとのセットプランで安く電気を買うのも良し、原子力発電などのないエコな発電を行っている企業から電気を買うことも可能なのです。
このような電力自由化によって、私たちの生活には様々な影響が考えられます。
その中でもやはり最大のメリットとして考えられるのが、毎月の電気代が安くなることでしょう。
特に、電力自由化を始めたばかりの4月は各企業がギリギリの価格競争を行うことが考えられます。1円でも他の企業よりも安くしようと考える企業が増えるため、この4月に電力会社をどこにするのかを決めることは非常に重要であると考えられます。

毎月の支出を見直すと、場合によっては年間で5000円程度の節約をすることも可能です。この電力自由化の機会を逃すことなく、賢く電力会社を選びましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。