リスクを最大限回避!株主優待で赤字を出さないために真っ先に考えるべきこと

読了目安[ 2 分 ]

株式投資の投資方法には様々な方法があります。1日に10や20ものトレードをこなすデイトレーダーから、株主優待や配当金を目当てに長期投資を行う方法もあります。

どちらも一長一短で、それぞれメリットとデメリットがありますが、株式投資初心者であれば長期投資をしようと考えている人も多いでしょう。

というのも最近株主優待が人気を集めていることもあり、低リスクで資産運用にもなるということで注目度が爆発的に上がっています。雑誌に取り上げられ、ネットでもお得な株主優待に関する情報がいくらでも出てきます。まさに株主優待はこれからの資産運用に最適な方法!と考えている人も少なくないでしょう。

しかし、このような株主優待の投資にも落とし穴が存在します。この落とし穴を知らずして株主優待を得るために投資を行った結果、資産運用どころか大きく赤字になった人も少なくありません。今回はそのような株主優待の落とし穴を知ることで、堅実な長期投資法についてお話しします。

この落とし穴を知らずに大きく損をした人は多いでしょう。雑誌やテレビの言われるがままにおすすめの優待株を購入しては株価が下がり、株主優待以上の損失を出してしまいます。そしてそのような人が口を揃えて株は危険だからやめておけと言うのです。正しく賢く株主優待を得るあなたは次のことをしっかり守ってください。

それは、株主優待目的だけで株の投資を行わないということです。つまり、株主優待を手に入れることを狙うものの、株主優待を手に入れるためだけに株を購入するのは危険だと考えられます。

例えば誰もが知っている有名な企業の業績や評判が決して良くない状況にありながら、株価だけはそれほど大ダメージを受けていないとします。その理由の一つが高利回りの株主優待が影響していると考えられるとしたら、このような株の価格は将来的に大きく下がることが考えられます。

このように株主優待目的で株を購入すると、株価の下落で大きな損失を出しかねません。株主優待はあくまでも購入の目安程度に留めておきましょう。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。