自宅で太陽光発電と蓄電池システムを導入した場合の助成金

2

読了目安[ 3 分 ]

2016年4月よりとうとう電力自由化が始まります。そこで今回は、電力自由化とそれに関連する補助金についてお話したいと思います。

 電力自由化とは、簡単に説明すると家庭などへの電力の「小売り」が自由化されるということです。これまで私たち個人は、住んでいる地域ごとに決められた電力会社からしか電気が買えませんでした。例えば、東京在住なら東京電力と決められていました。しかし、今年の4月以降は、現在契約している大手電力会社だけではなく、新規参入してくる会社から電気を買えるようになるのです。 これによって競争が進むので、ガスなど他の商品とのセット割引ができたり、より自分に合った料金体系を選ぶことができるようになると言われています。

 また、新規参入の会社はどこかから電気を調達しなければなりません。自家発電の他に、太陽光発電で発電した電気を家庭から買うことが予想されます。 家庭で太陽光発電を導入するメリットとして、「光熱費の削減・売電できる・停電時に電気が使える(災害時に役立つ)」ということが言われていましたが、この中の「売電」が加速しそうですね。

 さてここからはこの太陽光発電に関連した補助金をご紹介したいと思います。東京都の例になりますが、「HEMS(家庭用エネルギーの管理機器)」と「蓄電池」を同時に導入することで太陽光発電システムに対して補助金が出ます。もっと詳しく説明すると、「家庭用蓄電池」の導入に対して補助金が出るのですが、その条件に「HEMS」の設置という項目があります。また、この「家庭用蓄電池」の補助金と同時申請する場合、「太陽光発電システム」にも補助金が出るという仕組みになっています。

補助金額は、蓄電池が次の1~3の一番小さい額になります(上限500,000円)。
1.購入価格の1/6 
2.購入価格の1/2-国の補助金
3.購入価格-目標価格-国からの補助金※平成27年の国の補助金は終了しています。(申請が殺到して開始3ヶ月で終了するという人気ぶりです) また、太陽光発電システムについては、出力1kwにつき20,000円となっています。

ちなみに、蓄電池とは太陽光で発電した電気を家庭に蓄電して、自家消費するためのシステムです。先に売電の話をしましたが、送電に負荷がかかるため、国としては蓄電池に補助金を出し、自家消費を奨励する方向のようです。

震災以降、自家発電への関心が高まっていますので、これを機に太陽光発電の導入を検討してみても良いですね!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。