春休みや就職前の里帰り。差が出るお得な帰省テクニック!

読了目安[ 2 分 ]

就職して地元を離れた新しい生活が始まると、なかなか帰省はできないものです。この春休みの期間を利用して、卒業と就職の挨拶を兼ねた里帰りをしませんか?

ご両親はもちろん、良くしてくれたご近所さんへご挨拶したり、旧友たちと数日楽しく過ごしたりと思う存分地元を満喫しておきましょう。これから迎える新しい日々へ、きっと気持ち新たに挑むことができるはず。

まずは交通手段を考えよう

実家が空港からさほど遠くない場所にあるのか、新幹線の停車駅に近いのかなどによって、最適な交通手段は異なります。どの手段で移動するのがお得なのか、ナビ検索などを利用して検討してみましょう。お得ばかりに気がとられて、乗り換え回数や所要時間の多さにとても疲れてしまった・・・なんてことにならないよう、移動のしやすさも考慮してくださいね。

飛行機なら、LCCで決まり!

飛行機が楽で良いかも!という方には、やはりLCC(格安航空会社)がおすすめ。JALやANAなどの一般的な航空会社のおよそ4割~5割の価格で利用することができます。ただし、荷物預かりや機内サービスが有料であったり、座席の間隔が狭かったりと格安ゆえの違いがありますので、そちらは考慮してくださいね。気楽な帰省なら、LCC利用で全く問題ないかと思います。さらに、大幅な割引キャンペーンをしている時もあるので要チェックです。東京―仙台間が往復4,000円程で移動できちゃうなんてチャンスもありますよ!

新幹線や特急列車はお得な切符を賢く活用

新幹線で帰省したい方は、まず早割制度を検討してみましょう。

スーパー早得きっぷ(JR西日本)

関西圏から九州へ帰る方はこちらがお得。新大阪から博多まで、のぞみ指定席に乗車すると通常15,310円かかりますが、こちらの早得きっぷを利用すれば、なんと10,290円で移動できます。座席数限定で、14日前までの購入が必要ですので、その点だけお気をつけくださいね。

お先にトクだ値(JR東日本)

インターネット予約サービスの「えきねっと」で購入可能な早割きっぷです。「えきねっとトクだ値」という早割もあるのですが、それよりもお得なのがこちら。東京から新青森まで、はやぶさ指定席で通常17,350円かかるところを、13,160円で移動できます。乗車日13日前の13時40分までに購入が必要なのでご注意を。ちなみに、「えきねっとトクだ値」だと、5%引きの16,670円で利用可能です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。