開始直前!電力自由化で削減できる金額は?シミュレーションしてみよう!

1

読了目安[ 3 分 ]

いよいよ4月から始まる“電力の自由化”。

従来のような居住地域の電力会社だけではなく、他地域の電力会社はもちろん、新たに参入する他業種の企業も電力サービスをはじめます。各社様々なサービスプランを揃えているので、今こそ電気料金見直しのチャンス!どの企業のどのプランが一番お得なのかは、各お住まいの使用環境や状況によって変わりますから、シミュレーションして比較検討することが大切です。

1、賃貸住宅でも電力会社やプランを自由に選べるのか調べる
結論から言うと、選べる場合とそうでない場合があります。マンション等の集合住宅では、「高圧一括受電契約」という、電力会社と集合住宅1棟単位で高圧契約をすることにより、共用部分に高圧の安い電気料金単価が適用されるという契約をしている場合があります。一括で高圧電力を受電し、各部屋へは電圧を低くして分け与えているという仕組みです。この契約をしていると、個別に電力会社を選ぶことは難しいので、現在のお住まいがどういう契約状況なのか、管理会社等に確認してください。反対に、この契約がされていなければ、賃貸住宅でも電力会社を自由に選択可能です!

2、シミュレーションをしてみる
インターネットサイトで簡単にシミュレーションすることができます。お住まいの住所、現在利用している電力会社とそのプラン、昼夜の電気使用状況と月々の電気代を入力するだけでシミュレーション可能です。気になる電力会社や企業ごとに調べることもできますが、各会社のプランを比較できるサイトがいくつかありますので、そちらで一括してシミュレーションし比較されると便利です。各社結構差が出るので、見るだけでも面白いです。
比較サイト例:『電力比較サイト エネチェンジ』『価格.com』など

各会社のどこで価格に差がでるのか?すばり、得意分野が何かということで決まります。例えば、携帯キャリア会社であれば、自社の携帯電話料金が割引になったり、ガス会社であればガス料金、インターネット回線の会社であればネット費用が割引になったりなど、電気プラン契約とセットで割引になるケースが多数あります。各ご家庭でどのサービスをよく利用しているのか確認することで、どの会社の電力プランだと割引率が高くなるのかしっかり調べて確認しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。