自信と確信

自信と確信

読了目安[ 4 分 ]


「ぶっちぎり社員育成塾」の第43話です。

自信ってありますか?
意外と思われるかも知れませんが、自信というのは物凄く大切です。

スキル・ノウハウも大事ですが、こっちは先に来るかも知れません。

そもそも自信って何でしょうか?

僕は、自信に対して2種類あると思っています。

  1. 確信からの自信
  2. 根拠のない自信

です。

確信からの自信について

確信からの自信は過去にあります。
過去に自分がやったことの中にある。
過去に自分が成功したことの中にある。

これは当たり前ですね。
過去にやったことだから、それを信じる事が出来る。

自信を強く持ちやすいです。
でも、弱点もあります。
過去の成功が未来に繋がるかわからないからです。

過去に、何かしらの努力をして成功した。
それは素晴らしいことです。
自信にして良い。

ただ、同じ種類の努力で未来に通用するかわからないんですね。

根拠のない自信について

次に、根拠のない自信。
これに根拠はありません。
根拠のない自信ですから・・・・。

これって否定されがちです。
根拠がないから。

でも、誰もが、新しいことをやる時に成功するかはわからないですよね?
いくら過去に成功して自信マンマンの人でも、100%って事はないんです。

ということは、根拠のない自信がないと、何かにチャレンジしにくいって言えるんですね。
僕は、根拠のない自信は否定派でした。

が、無闇に未来の自分を信じてた。
という事は、根拠のない自信があったということです。
気付きませんでしたが。

自信とは

自信とは、自分を信じると書きます。
なので、本来の自信は、未来の自信を根拠なく信じるということ。
それにちょっと後押しする為に、過去の自信も使う。
そういう事だと考えるようになりました。

未来は誰も経験していません。
故に、誰も成功を言い切れないし、失敗も言い切れないのです。

根拠のない自信を持ってた方が良い?

根拠のない自信は持ってた方が良い。
チャレンジしないタイプの人は否定するかも知れないけど、持ってた方が良いんです。

というか、それを持ってないと、『ぶっちぎり社員』にはなれないんですね。

なので、実績からの確信という自信と、無暗に自分の未来を信じる自信を、今日から意識して付けてく、ぶっちぎり社員になってください。

自信と確信

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

次へ:第44話 「感性タイプの上司の付き合い方」
『ぶっちぎり社員育成塾』バックナンバー

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。