今更聞けない【ふるさと納税】のやり方!豪華な特産品をもらうには?

読了目安[ 3 分 ]

近ごろ話題のふるさと納税をご存知でしょうか。
高級和牛が食べられる!パソコンがもらえる!などと太っ腹なふるさと納税ですが、どうやって手続きをするのかわからない!という人もまだまだいるのではないでしょうか。

そこで、今回はそのようなあなたのために、ふるさと納税に必要な手続きを順番に説明します。

手続きについて説明する前に、ふるさと納税について簡単に紹介します。ふるさと納税とは、単純に全国各地の地方に、寄付を行うことです。そして地方への寄付を行うことで、主に2種類のメリットを受け取ることができます。

1つ目は、寄付金額に応じて税金が控除されるという点です。例を挙げると、地方にふるさと納税として40,000円寄付することで、38,000円もの税金が控除されることもあるようです。

2つ目のメリットとして、寄付をした地域から寄付のお礼として地域の特産品が送られてくる点です。

このような2つのメリットを考えた場合、上記の条件であれば、税金として控除されなかった2,000円で各地域の特産品を受け取れます。特産品の中には松坂牛や蟹といった高級食品や地域の宿泊割引券や工芸品をもらえることもあり、数万円の価値があることも多いのです。

では、このようなふるさと納税の恩恵を受けるにはどのようにすればいいのでしょうか。

それは、ふるさと納税をする地域を決め、寄付を行い、3月の確定申告をするだけです。

まず、ふるさと納税によって特産品をもらう地域を決めます。好みの特産品がもらえる地域、金額的にお得度の高いものがもらえる地域、自分の生まれ育った地域などどこでも構いません。

次に、年度末に確定申告を行います。確定申告を行わないと、ふるさと納税による税金の控除が行われないので、注意しましょう。今は確定申告をネットで済ませることも可能です。忘れず確定申告することで、ふるさと納税の控除を受けるようにしましょう。

このようなメリットの大きいふるさと納税を一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。