高校生の8割がネットビジネス?彼らはどんな方法で稼いでいるのか

読了目安[ 2 分 ]

現在の男子高校生の8割はネットで小遣いを稼いだことがある
そのような驚きの実態がデジタルアーツの記事から明らかになりました。

平均月収は1万円に満たない人が多いものの、約13%が1万円以上稼いでいるというので驚きです。
稼ぎ方は様々ですが、今や高校生でもネットを使って、お小遣い程度の金額を稼ぎだすことは当たり前という時代になっているのです。

では、実際ネットでお小遣いを稼ぐことができる仕事はどのような案件があるのでしょうか。
今回は未経験者でも今すぐできる、ネット回線に繋がるスマホでできる、クラウドソーシングで受けられる仕事などをいくつか紹介します。

ポイントサイト

楽天のクレジットカードを作れば、楽天ポイントが5000ポイントもらえるというキャンペーンを見たことがあるでしょうか。
このように新たにクレジットカードを作成することで、お金を稼ぐサービスがあります。
また、このようなポイントサイトではクレジットカードだけでなく、整体やヨガの体験サービスを利用することでお金を稼ぐこともできます。< 有名なものであれば、サーチーズ、ハピタスやもっぴー、げんだまなどをチェックしてみてください。

アンケート

簡単なアンケートに答えるだけで、収入を得る方法が存在します。
単価が安いため、大きく稼ぎにくいですが、最速でネットで稼ぐことを実感できます。ちょっとしたスキマ時間に稼ぎたいという人にはオススメの方法といえるでしょう。
サーチーズであれば、アンケートに答えるだけで、現金やAmazonなどのギフトコードに交換できるポイントも貯められます。

ミステリーショッパー

タダで外食出来る上にお金がもらえるという素晴らしいサービスが存在します。
ミステリーショッパーでは、実際にお店に足を運び、接客、料理、店内の雰囲気などをレビューすることでお金を稼ぎます。
稼いだお金はほとんど食事代に消えますが、実質タダで外食できるのは嬉しいですね。

ライティング業務

webや広告記事を執筆することで、お金を稼ぐ方法が存在します。
ライティング業務はスキルに応じて収入は様々ですが、稼いでいる人だとフリーランスで年収1000万円という人といます。
初心者が勉強してスキルを上げさえすれば、最も稼ぎやすい分野と言えるでしょう。

いかがだったでしょうか。
このように全くの初心者でもネットで稼ぐことは今や難しいことではありません。自分に合った方法で稼いでもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。