【ホワイトデー目前!】お金に関する女性のホンネの意識調査

読了目安[ 2 分 ]

もうすぐホワイトデーですね。先月のバレンタインデーに女性からプレゼントを贈られた皆さん、お返しの準備は進んでいますか?

日曜日だったバレンタインとは違い、今年のホワイトデーは月曜日!しっかりと週末に時間もとれるはずなので、「いやぁ~忘れてた!」なんてことは間違っても言えませんよ。

「金額にかかわらずもっときちんとホワイトデーに参加するべき」「もらったらきちんと返す」姿勢が大切と考えるマネーゴーランド編集部は、″3倍返し”とは言わないまでも、男性諸兄の誠意を期待しているであろう女性のお金に対する本音を調査してみました。心してお読みください。

愛があれば、お金なんて!は通用しない!?

このアンケートは『お金と恋愛に関する考え』を調査した結果です。実にアンケート対象の46.0%が「お金がなければ、愛も続かない…」と回答。そして世代が上がるごとにその傾向は強まっていきます。年齢とともに「愛だけでは…」という現実を受け止めているのでしょうか。いまどきの女性は現実的なようです。

金の切れ目が縁の切れ目とは言いませんが…

続いて、『大好きな相手でも生涯をともにする相手として躊躇してしまう年収はどれくらいですか?』というストレートな質問した結果になります。同棲や結婚など、生活をともにするとなると週末ごとのデートや小旅行などとは違い、会っているときだけ格好つけたりすることはできないもの。だんだんとお互いの本音や素の部分が自ずと見えてくるものです。特にお金に関しては…。金の切れ目が縁の切れ目…そんな悲しいこととお思いかもしれませんが、年収300万円というのがアンケート結果による分れ目のようです。

パートナーに期待する年収って、いくら?

お金がパートナーを選ぶすべてではありませんが、重要な要素であることはアンケート結果からもよくわかりました。では、いったいパートナーになるべき人に女性はいくらの年収を求めているのでしょうか?最後の質問は『パートナーに期待する年収は?』という普段は聞きたくても聞けない質問をぶつけてみました。

アンケート対象全体では、「年収300万以上~500万未満」が32.0%と最も多く、次いで「年収500万以上~700万未満」の27.1%という調査結果でした。何事もお金がすべてではありませんが、バレンタインデーにプレゼントをもらった皆さん、女性のお金に対するホンネを踏まえつつ、心を込めてお返しをされることをおススメします。

ちなみに…パートナーに対して『年収は気にしない!』と答えたのは13.9%となりました。

※上記集計は2016年2月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~40代の女性、回答数550名)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。