憧れのネイリストを目指す!職業自立支援を利用して資格と職を手に入れよう!

1

読了目安[ 3 分 ]

3月1日に発表された厚生労働省の統計によると、2016 年の1月期の有効求人倍率は前月比0.01アップし1.28倍となり、24年ぶりの高水準になりました。上昇は12ヶ月連続で改善されているそうです。アベノミクスの恩恵か、上場企業を中心に求人が増えているのは確かなようです。

そういう中でも卒業も目前に、就職先が決まっていない人。資格も特別な技術も持っていないし、一体これからどうしよう。と思っているかもしれません。しかし、落ち込むのはまだ早いです。「職業自立支援」という、起死回生のチャンスがあります。しかも、国が実施している確かな制度なので安心して受けることができます。

1.職業自立支援を利用して、就職に必要な知識・技能を身に付ける

■「職業自立支援」って一体なに?
働きたいという意志があるけれど、具体的にどうしたらよいのかわからない人やスキル等に不安がある人など、働くことに悩みのある人を国が支援する制度です。例えば、若者向けにキャリアカウンセリングを行ったり、就職に必要な知識や技能・技術を身につけるための無料の職業訓練(テキストなど一部有料)を実施したりしています。さらに、一定の要件を満たせば職業訓練の受講を安心して受講するための給付金が支給されるため、訓練中生活に困るということはありません。この支援はハローワークが中心となって実施しているので、興味のある方はハローワークへ是非行ってみましょう。

■職業訓練って具体的に何をするの?
職業訓練にもいくつか種類がありますが、例えば「求職者支援訓練」には、働く上で必要な基本的能力を習得するための「基礎コース」と、基礎的能力とあわせて特定の職務に必要な実践的能力も一括して習得するための「実践コース」があります。それぞれのコースの中でも多様な選択肢があり、
・初めてのビジネスパソコン基礎科
・初心者から始めるパソコン・簿記基礎科
・Webクリエイター養成科
・ネイリスト養成科
・介護職員初任者研修科
といった、事務職やクリエイター職、専門職に技術職など、あらゆる職種の知識・技能訓練コースが用意されています。興味はあったけれど、資格や技術をもっていなくて諦めていたなんて方には、受講し認定を受けることで資格取得を目指せたり、技術が習得できるなどまさにおすすめの内容なのです。

■就職サポートもしてくれる
この制度は、“安定した「就職」を実現するための制度”です。職種に対する知識・技能訓練だけでなく、その後の就業に向けた就職支援もしてくれます。ハローワークなどで就職相談を受けたり、実際に求人に応募することで「就職」を現実のものにしていくサポートが整えられています。

もうダメだと就職をあきらめかけていた人、いっそ思い切って、この「職業自立支援」を利用して、なりたい職業に挑戦してみてはいかがですか?未来が拓けるかもしれません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。