ちょっと変わった銘柄も?4月のおすすめ株主優待を紹介!

1

読了目安[ 3 分 ]

3月は株主優待を受け取るために始める時期としては、ぴったりとも言える時期ですが、4月の株主優待の数は非常に少なくつまらないと思われる方もいるかもしれません。

せっかく株主優待だけで生活することを目指そう!だとか、株主優待で少しでもお得な生活を!と考えたのに、4月の株主優待を見てがっかりしたという人も少なくないのではないでしょうか。
そこで、今回はそのようなあなたのために、株主優待の少ない4月でも投資すべきお得銘柄を紹介します。

・ 伊藤園
おーいお茶でよく知られる伊藤園の株主優待が4月にあります。4月に株主優待目当てで購入するのもいいですし、夏まで株を保有していれば、猛暑であるほど飲料が売れるのでキャピタルゲインの獲得も狙えます。
また、伊藤園には優先株式という株式が存在します。優先株式には議決権が存在しないものの、優先配当と呼ばれる普通配当金の1.25倍の配当を受け取ることができます。株主優待ももちろん受け取る権利もありますし、なにより通常の株式よりも優先株式の方が安価であるため、お手頃であると言えます。

・ メガネスーパー
業績不振で騒がれているメガネスーパーですが、メガネを買う人にとってはこれ以上ないくらい優れた優待株であることには間違いありません。必要投資金額は6000円前後であるにも関わらず、優待では1万円分のメガネレンズ仕立て券と通常価格の30%割引券がもらえるため、メガネを購入しようと思われている方は購入してみてはいかがでしょうか。

・ HIS
HISは海外旅行のイメージが強く、海外への出張や団体旅行など、様々な旅行に対応していることが強みといえます。株主優待では4月と10月の年2回、2000円相当の株主優待を受け取ることができます。
有効期限があるので、ずっと優待券を貯めておくということは難しいですが、定期的に海外への出張があるという人は、ぜひ購入してみてください。

4月は3月と比べると株主優待が少ない時期です。少しがっかりと思われるかもしれませんが、魅力的な株主優待も眠っているので、ぜひ一度4月の株主優待銘柄を探ってみて下さい。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。